最新号
 ニュース
 インフォメーション
 コラム

ローカル掲示板
 求人情報
 貸部屋
 売ります
 買います
 探しています
 お知らせ

バックナンバー



バンフ生活お役立ち情報
 ビザ
 運転免許
 健康保険など

インフォ・ルーム
 無料インターネット
 各種情報提供

バンフ観光案内
 今日のバンフの景色
 バンフ天気予報

スキー情報
フォトアルバム


広告お申し込み
 日本語版広告お申し込み
 料金表

 Advertisement application
 Price list





医療通訳 Cube Help Line

アクセス数

Google

バンフタイムズ内を検索
WWW を検索


Issue 247        2007年4月19日号 


 ニュース

バンフ町人口調査実施
グレイハウンド・バスディーポが移動
バンフ町ハイブリッド・バス導入へ



 インフォメーショ

在カルガリー日本国総領事館からのお知らせ
有害ゴミ回収&ペンキ交換の日
春の粗大ゴミ回収
コミュニティー・フリーマーケット
フリーマーケットにて販売する品の寄付のお願い
コミュニティー・ラーニング

リフレッシュ工事のマスコットを集めよう
サッカー部員募集 


 コラム

アイス・フィッシング・マラソン

数字で見るカナダ その4 ~貯金額~
Let's Talk Like Canadians!! ~英会話ワンポイントアドバイス~




 ニュース

バンフ町人口調査実施

 3月26日(月)の町議会で、バンフ町独自の人口調査を実施することが決まった。予算は40,000ドル。
  カナダ連邦政府が3月13日(火)に発表した2006年国勢調査では、バンフの人口は6700人と、2005年にバンフ町が独自で行った調査結果8,352人に比べ大幅に少ない数字が出ていた。     

バンフ町議会議事録より





グレイハウンド・バスディーポが移動

 4月4日(水)、グレイハウンドのバスディーポがブリュースター社のバスセンター(100 Gopher St.)から、バンフの鉄道駅(327 RAILWAY Ave.)に移動した。現在のところ、営業時間は月曜日から金曜日の午前7時から午後6時、土・日曜日の午前8時から午後6時。いずれにしても午後6時にはチケット販売カウンター、待合室共に閉まってしまうため、夜中に出発するバンクーバー行きなどに乗る方は、事前にチケット購入の必要がある。

バンフタイムズ編集部




バンフ町ハイブリッド・バス導入へ

 バンフ町議会は4月10日(火)、温暖化ガス排出量および燃料代削減のため、バンフ・トランジット(町内バス)用にディーゼル・バスの代替として4台のハイブリッド・バスを導入することをを可決した。このハイブリッド・バスは、全長約12mで、低床式。車椅子での乗り降りにも対応している。また、バンフ町が既に持っている外付けの自転車ラックも流用可能。
  バンフ町は当初、2007年度に4台のディーゼル・バスを導入予定で、164万ドルの予算を設定していた。ハイブリッド・バスにしたことによる追加予算は970,000ドル、節約できる燃料代はバス一台、一年当たり10,000ドルと試算されている。

クラグ・アンド・キャニオン紙・アウトルック紙より

  


インフォメーション




有害ゴミ回収&ペンキ交換の日

日程:4月22日(土) 午前10:00~午後4:00
場所:ビーバー通り、リサイクル場
  アースデイの催しの一環として行われます。
  普通ゴミで捨てると環境汚染につながる化学洗剤、殺虫剤、カーワックス、揚げ物が終わった油や乾電池なども回収してもらえます。油は排水口などに流すと、環境に多大な悪影響を及ぼすだけでなく、パイプを詰まらせ、汚水の逆流を招く可能性もあります。
  また、残ったペンキの交換もできますので、少量だけペンキがほしい方には朗報です。


春の粗大ゴミ回収

 家具などの大きなゴミを、ゴミ箱周辺に捨てるのはやめましょう。電話予約をすると無料で引き取ってもらえます。
問合せ:(403)762-1240


コミュニティー・フリーマーケット

   掘り出し物を見つけるチャンスです。放置自転車などの遺失物オークションもあります。買い物をするだけでなく、不用品を処分したい方は、出店料を払って参加も出来ます。

日時:5月5日(土) 午前10:00~午後2:00
場所:レクリエーション・センター
料金:入場料$2.00、出店料$25.00
問合せ:バンフ・チャイルド・センター (403)762-3339


フリーマーケットにて販売する品の寄付のお願い  

  バンフ日本語学校では資金集めのため、5月5日(土)に行われるフリーマーケットに参加いたします。そのときに販売する品のご寄付を募っています。状態のいい服やおもちゃ、本、ビデオ、家庭用品などございましたら、数量に関係なく、こちらから取りに伺いますのでご連絡ください。収益は、全てバンフ日本語学校の運営のために使わせていただきます。ご協力をお願いいたします。
連絡先:和田 由美子  電話(403)763-8756  addmibjls@hotmail.co.jp


コミュニティー・ラーニング

 コミュニティー・ラーニングは、語学やクライミング、ダンス、料理などが手ごろな料金で学べる講習会です。2007年春のスケジュールが掲載された冊子が発行されました。バンフ町役場などで手に入れることが出来ます。



リフレッシュ工事のマスコットを集めよう

 
バンフ内のお店で買い物をすると、バンフ・リフレッシュ工事のマスコット、リスのバッチがもらえます。対象になる店舗は60以上。バッチは何種類かあるようなので、集めてみてはいかがですか?





サッカー部員募集 

 ピカサッカー部では2007年度サッカー部員を募集しています。経験者大歓迎!! マネージャーも大募集中です。
お問合せ:Mayumiまで  (403)762-1910 mayumiyasuda@hotmail.com





 コラム


アイス・フィッシング・マラソン


  アイス・フィッシング・マラソンという耳慣れぬ言葉を聞いたのは、冬のマニトバ州をスキーとソリで旅している最中だった。制限時間内で、もっとも大きい魚を釣った者勝ちという選手権である。
  ところで毎冬カナダ辺境を旅している私はよく、釣った魚や仕留めた野生動物を食べているのでは、と訊かれる。実はアイス・フィッシングを含めて釣りなど一度もやったことがない。釣れるまでひたすら待っているくらいだったら、スーパーで買ってきたほうが早いじゃないか。そもそも氷の上でずっと座っているなんて、寒いだけじゃないか。めんどうくさいことの嫌いな私はそう思ってしまう。それでもドリルで氷に穴を開けるところと、釣りあがる瞬間は、一度見たい。これは私だけでなくアイス・フィッシングをやらない人共通の思いだろう。
  私も会場に足を運んでみた。会場といっても町の近くの凍結した湖に、簡易テントを設置し周囲を雪の塀で囲んだものだ。屋外だが、会場にかぎってアルコールはOKとなる。さて、ほんのちょっとのつもりが、すっかり引きずりこまれてしまったのは、会場の明るい雰囲気だった。
  たとえば日本で釣りの催しものだとたいていマニアの会話であふれる。「この魚はすごくめずらしいんだ、この大ききはめったに釣れないぜ」とか、「この釣竿は高いんだ、触ってもいいが壊さないでくれよ」と。でも私の見たアイス・フィッシング・マラソンはちがった。「朝から釣り糸垂らしてるけど、さっぱり釣れないわ」。そういいつつ世間話に花を咲かせていた中年女性グループ。釣り竿なんてそっちのけで、昼間から缶ビール片手に盛りあがっている若者たち。
  大きな魚を釣った者が勝つというよりも、楽しんだ者勝ちなのだ。氷と釣り道具さえなければ、日本の花見の光景にも似ている。この日だけは少々はじけても許される。気がついたら私もグループの輪に入っていた。カナダ人の飲み方は気合が入っている。極寒の吹きさらしのなかで、缶ビールを何本も空にしている。昼間から飲みはじめ、深夜にまでおよぶ。
  時間が経つにつれて、どこからともなく歓声があがる。大物がかかったようだ。釣り上げた魚をメジャーで計測している。そのあとにはきまって「チュース(乾杯)!」の声があがる。仕事にはあまり熱心でないカナダ人だが、楽しむことには貪欲なようだ。私はとうとう釣竿を一度も手にしなかった。会場に来ていた大半の人たちも大同小異。それでもあっというまに時間が過ぎた。「来冬もまた来いよ」の言葉とともに、皆とわかれた。
  平原だけ、寒いだけで見るところのないマニトバ州だけれど、こんな心楽しい催しものもあるのだ。釣りなんて興味ないといっているアナタ、ぜひ一度アイス・フィッシング・マラソンに参加してみてはいかがでしょう?

田中幹也 http://www.geocities.jp/kanyatanaka2005


筆者紹介:田中幹也(たなか・かんや)
  冒険家。1995年厳冬カナダでマイナス40℃の自転車旅を実践。以後10年間、厳冬カナダ辺境の旅に費やす。ノースウエスト準州、ラブラドル半島、中央平原、ロッキー山脈でスキー、ソリ、徒歩、自転車などで2万km踏破。世界記録多数。オーストラリア自転車横断、タイ北部山岳地帯自転車踏破、中国やモンゴル奥地の放浪、アルプスのクライミングなども実践。旅行業界や出版業界にも携わる。共著に『達人の山旅1』(みすず書房)、共編著に『目で見る日本登山史』(山と溪谷)。






数字で見るカナダ その4 ~貯金額~

  日本で「お金ないから今度の飲み会パス」といわれた時は、「銀行にお金はあるけど、今週末泊まりでスキーに行く予定だから、飲みに行っちゃうと今月の予算オーバーするんで止めとく」ぐらいの意味だと思います。しかし、バンフで「お金ないから飲みにいけない」、と言われた時には、「本当に次の給料が入るまでお金がない。銀行の残高は3ドルぐらい。もちろん他に定期貯金とかもない」と言われたと思って半分ぐらいは間違いないでしょう。
  私たちのお金に対する感覚が、ガラガラと崩れる瞬間です。
  もし、私たち日本人の銀行口座にたったの300円しか入ってなかったら、それはよほどの状態だと思います。どうしてそんなにお金がなくて大丈夫なのでしょうか? 何かがあったときどうするんでしょうか!? (「何か」って何? といわれても困りますが。)
  そこで今回の数字は、貯金額。カナダの数字はカナダ統計局、Assets and debts held by family units, total amounts, 2005、Assets and debts held by family units, median amounts, 2005。カナダ国民の貯金総額(RRSPを含む)を家族数で除したもの。日本の数字は、平成16年全国消費実態調査貯蓄・負債結果表、第24表 地域別1世帯当たり貯蓄・負債の現在高と保有率、二人以上の世帯参照。通貨性および定期性預貯金の全国平均です。
  カナダの一家庭あたりの平均貯金額は62,221ドル(日本円で約652万円)。比べて、日本の一家庭あたり貯金残高の平均は948万円です。銀行口座にはあと3ドル、な人は極端な例としても、貯金がない訳ではなさそうです。
  ただし、リタイヤするまで手が付けられないRRSPを除いた貯金額はというと17,779ドル(約186万円)です。したがって、カナダ人は「すぐに使える銀行口座には日本人に比べてあまりお金がない」というのは事実だと思います。

バンフタイムズ編集部





Let's Talk Like Canadians!!
~英会話ワンポイントアドバイス~


It’s my treat = 私のおごり!

  レストラン、カフェやバー等で誰かに自分がおごりたい時に使います。時には‘treat someone to something(ディナーや映画など)’ という様にも表現します。


●Situation 1
Sabrina: Thanks for picking up the movie tickets. Here’s ten dollars for mine.
(映画のチケットを取りに行ってくれてありがとう。これは私の分$10ね。)
Kimberly: Keep your money. It’s my treat tonight.  
(お金とっておきなよ。今晩は私のおごり。)
Sabrina: Thanks a lot! That’s really nice of you.    
(ありがとう! あなた、やさしいわ。)

●Situation 2
Boss: Thank you all for working so hard today. I couldn’t have finished inventory without you. I’d like to treat everybody to lunch tomorrow. Who can recommend a good restaurant?
(今日は一生懸命働いてくれてありがとう。あなた達なしには棚卸は終わらなかった。明日はみんなにランチをご馳走するよ。だれかお勧めのレストラン教えて?)
Employee: I’ve heard that the new restaurant on Main Street is really good.
(メインストリートにできた新しいレストランが凄くいいって聞いたけど。)
Boss: Fine. I’ll make a reservation.
(よし、そこに予約だ。)

●Situation 3
Garth: Let me get lunch today.
(今日は私に払わせて。)
Fran:
You paid last time. It’s my treat today.     
(前回あなたが払ったから、今日は私のおごり。)
Garth:
No, really. I’d like to buy you lunch.      
(いいや、僕がランチをご馳走したいんだよ。)
Fran:
You always pay! Now, I’m going to treat you to lunch today and I don’t want to hear another word about it!
(あなたがいつも払っているじゃない! 今日は私があなたにランチをおごるから、もうこの事については何もいわないでね! )
         

BY Debbie Penninga (Banff Education Centre講師)


Published by CUBE Enterprises Inc.

banfftimes@telus.net

掲載記事・画像の無断転載を禁じます。
(C) CUBE Enterprises Inc. 1996-2005
All rights reserved.