最新号
 ニュース
 インフォメーション
 コラム

ローカル掲示板
 求人情報
 貸部屋
 売ります
 買います
 探しています
 お知らせ

バックナンバー



バンフ生活お役立ち情報
 ビザ
 運転免許
 健康保険など

インフォ・ルーム
 無料インターネット
 各種情報提供

バンフ観光案内
 今日のバンフの景色
 バンフ天気予報

スキー情報
フォトアルバム


広告お申し込み
 日本語版広告お申し込み
 料金表

 Advertisement application
 Price list





医療通訳 Cube Help Line

アクセス数

Google

バンフタイムズ内を検索
WWW を検索


Issue 249        2007年5月17日号 


 ニュース

インフォメーションセンター再オープン
カナナスキスでパイン・ビートルの除去作業
ハイキングトレイル修繕
CPR、ホッパー貨車の修理を決定
女性ヒッチハイカー、刃物で脅される

 インフォメーショ

2007年春のバード・ウォーク
バンフ日本語学校より、フリーマーケットにご協力くださった方へ
One Hot Summer 2007
バンフズ・ベスト日本語版

リレー・フォー・ライフ
バンフ・タイムズ編集部およびインフォルーム休みのお知らせ
サッカー部員募集 


 コラム

PRK(レーザー視力矯正手術)体験談
5月の晴れた空
数字で見るカナダ その6 ~人の名前~
Let's Talk Like Canadians!! ~英会話ワンポイントアドバイス~
「スキー場へ行こう !」

編集後記





 ニュース

インフォメーションセンター再オープン

  窓の入れ替え工事中に壁の中からアスベストが発見されたため、3月15日(木)から一時閉鎖していたインフォメーション・センターが、4月26日(木)に再オープンした。
  壁の中には断熱材としてバーミキュライトが使われていたが、そのバーミキュライトが、アスベストの採掘場でもあったモンタナ州のリビー採掘場産であったため、微量の混入があったものと見られる。
  パークス・カナダ職員によると、工事後の安全点検、空気質調査により健康への害はないとの結果が出ているという。

5月3日、アウトルック紙よりより

    





カナナスキスでパイン・ビートルの除去作業

 ロッキー地区で問題となっているマウンテン・パイン・ビートルが寄生したロッジボール・パインの除去作業がカナナスキスにて急ピッチで行われている。
  「非常に効率的」といわれるヘリコプターを使っての除去作業では、4月14日から29日の間に、約4300本の木が運ばれ、焼却処分された。
  除去作業の手順はこうだ。まず、去年の夏、空中から赤茶けた針葉を目印にパイン・ビートルの被害を受けた木を特定し、地図上にその木の場所を書き入れる。その後、グローバル・ポジショニング・システム(GPS)を使い、地上部隊がその木を見つけ切り倒し、ヘリコプターにて焼却場所へ運ぶ。この方法だと、重機を使っての伐採に比べ、健康な木を切り倒すことなく、山肌を傷つけることもない。
  アルバータ州環境維持開発省(SRD)によると、パイン・ビートルが現在寄生している木の数は6,327本。一本の木に寄生するパイン・ビートルは、新たに10本の新しい木を被害にあわせる可能性があり、この計算でいくと、アルバータ州の森林のうち600万ヘクタール、約15%が危険にさらされている。

5月10日、アウトルック紙より




ハイキングトレイル修繕

 パークス・カナダは$30,000をかけて、人気のハイキングコースであるインク・ポット周辺のジョンストン・クリーク・トレイル1.2kmの修繕を発表した。このトレイルは、大きな岩や木の根などが露出し、水溜まりを避けるためのわき道が出来ているなど、荒れた状態だった。工事は夏の本格的なハイキングシーズンを前に、5~6月中に行われる。なお、工事中のトレイル閉鎖はない。

5月8日、クラグ・アンド・キャニオン紙より



  
CPR、ホッパー貨車の修理を決定

カナダ太平洋鉄道(CPR)は、この5年間で2,000万ドルの経費をかけ政府所有の6,300両のホッパー貨車を修理すると発表した。古いホッパー貨車から穀物が線路上にこぼれ落ちるのを防ぎ、それを目当てに集まってくる野生動物の死亡事故を減少させるのが目的。
  バンフ国立公園周辺では、鉄道の路線上で野生の熊が落ちている穀物を一心に食べている様子がしばしば目撃される。観光客にとっては、野生の熊を見られる良い機会だが、実は線路に熊がいる状態というのはあまり好ましいものではない。穀物を食べるのに夢中になった熊は、最悪の場合、列車に轢き殺されることもある。実際、2000年以降4頭のグリズリーベアが鉄道に轢き殺され5頭の小熊が孤児となるなど、列車と熊の事故が相次ぎ、CPRに対し常々改善を求める声が上がっていた。
  CPRはバキューム車を導入し、一旦線路に落ちた穀物を吸い上げるなど努力していたが、一番の原因であるホッパー貨車の改善にはこれまで手を付けていなかった。その理由は、貨車の所有者がだれなのか、また維持管理はどうするのかといったことが政府とCPRの間で明確に定義されていなかったため。CPRは昨年5月から約一年間の協議を行い、やっと修理に乗り出すことになった。
  国立公園管理局(パークス・カナダ)の見解では、これまでCPRが使ってきたバキューム車では、線路上に山盛りなっている穀物を吸い上げるのには役立つが、石の隙間に入り込んだような少量の穀物までは回収できないとされているため、今回のホッパー貨車の修理が、野生動物と列車の衝突事故を減少させる打開策になればと期待が持たれる。
  しかし、穀物が落ちていなくとも、野生動物による線路の利用は続くと見られる。線路は見渡しがよく歩きやすい道であり、その日当たりの良さから繁殖するタンポポなどがある餌場でもあるからだ、また、一旦路線上の穀物の味を占めた野生動物は、線路に食料を探しに行くという習性がついてしまっている。
  線路の上の穀物が全てなくなれば、すぐに列車と野生動物の衝突事故がなくなるかというと、そうでもないようだ。

4月24日発行、クラグ・アンド・キャニオン紙より



  
女性ヒッチハイカー、刃物で脅される

  4月26日(木)、バンフ郊外でトラックをヒッチハイクした22才の女性が、目的地であるレイクルイーズを過ぎても車を下ろしてもらえず、刃物を突きつけられて性的暴力の被害に遭いかけた事件があった。午後9:30ごろレイクルイーズの警察(RCMP)に被害者本人から電話があったことから明らかになった。
  被害者の女性は、ヒッチハイクしたトラックでブリティッシュ・コロンビア(BC)州の州境まで連れて行かれた挙げ句、車内で腕をつかまれ、ナイフを突きつけられ服を脱ぐように脅されたという。さらに、首をつかまれてのもみ合いになったが、女性は必死に抵抗し逃げることが出来た。容疑者のトラックはそのまま西に走り去り、未だ捕まっていない。
  レイクルイーズRCMPによると、この女性が逃げることが出来たのは「とても稀で、運が良かった」結果だという。

5月8日、クラグ・アンド・キャニオン紙より



インフォメーション



2007年春のバード・ウォーク

  めっきり春らしくなりました。ボランティアガイドと一緒に鳥の声を探しに出かけてみませんか? 5月26日(土)、27日(日)には春の野鳥の数測定もあります。

開催日:5月21日(月・祝)、28日(月)、6月4日(月)
時間:5月21日(月・祝)のみ午前9:00~、 その他は午前7:50~午前10:00
集合場所:サンダンス・ロードとケイブ・アベニューの交差点。レクリエーション・グランド近く
服装:朝方は冷え込みますので、厚手のソックス、ブーツ、手袋、暖かい下着は必須。ある方は、鳥の本、双眼鏡。
お問合せ:banffcommunitybirdwalk@hotemail.com


バンフ日本語学校より、フリーマーケットにご協力くださった方へ

 皆さんのご協力のおかげで、フリーマーケットは大盛況に終わりました。収益は、全て日本語学校運営のために使わせていただきます。ご寄付くださった皆様、本当にありがとうございました。


One Hot Summer 2007

日時:6月14日(木)14:00~20:00
場所:レクリエーション・グランド (サッカー場、野球場横)
お問い合せ:Mayumiまで。Tel: 762-1910 mayumiyasuda@hotmail.com
  バンフ町が主催するOne Hot Summerが今年もまた開催されます。このイベントは、バンフとレイクルイーズで働く人々のためのオリエンテーションを目的としており、地元企業の寄付とボランティアで運営されています。
  入場時に簡単なレジストレーションをすれば当日の入場、食べ物、飲み物は全て無料。移動クライミングウォールなど様々なアクティビティーを体験する事もできます。また、スタンプラリーでは豪華賞品が抽選で当たります。インフォメーションテントの中には40以上の団体のブースが並びバンフで楽しくかつ安全な生活ができるように様々な情報を提供します。
  昨年に引き続き、イベントのお手伝いをしていただけるボランティアを募集しています。Tシャツの無料進呈やボランティア・パーティーも用意されておりますので、ぜひご参加ください。



バンフズ・ベスト日本語版

 バンフズ・ベストは、バンフ国立公園に関する基礎知識が学べる無料講習会です。受講者は、サルファー山のゴンドラや温泉などの無料入場券ももらえます。

日時:5月26日(土)13:00~
場所:インフォメーション・センター内シアター
申し込み方法:メールにて以下の内容をcourses@mphia.org宛てに送って下さい。
  <件名> Banff's Best Japanese
  <内容> 1.日付を英語で。2.氏名(アルファベットで) 複数お申し込みの場合は全員の氏名



リレー・フォー・ライフ

 
リレー・フォー・ライフとは、カナダがん協会による、がんと戦っている方やがんで亡くなった方について知ってもらうためのイベントです。10人一組のチームで、運動場のトラックを夜通し12時間リレー形式で歩き続けます。チームのうち、トップバッターはがんから生還された方が務めます。
  会場には、休憩用のテントや、エンターテイメントなども用意されています。また、夜10時からは、名前が一つ一つ書かれたルミナリー(灯ろう)がともされます。このルミナリーは、自分の周りにいるがん患者のために購入できます。
  このイベントでは、リレーの参加者およびボランティア、寄付金を募集しています。集められた寄付金は、がんの研究、予防、サポート・サービス等の協会の活動に使われます。なお、バンフ、キャンモアで集められた寄付金は、バンフ、キャンモアエリアの活動に使われます。$20以上の寄付金には、公式な領収書が発行され、次のタックス・リターンで申告が可能です。社会のために何かしてみたい方、どんな形でもかまいません、参加してみませんか?

日時:6月1日(金)午後4:00~
場所:キャンモア、センチネル・パーク
詳細、登録など:www.cancer.ca。Collins Barrow (カスケード・プラザ3F)でも寄付金を受け付けています。
お問い合せ:寺本さん 760-2786



バンフ・タイムズ編集部およびインフォルーム休みのお知らせ


  5月18日(金)から5月28日(月)の間、バンフタイムズ編集部はお休みさせていただきます。この期間は無料インターネットや図書の貸し出しができるインフォルーム、翻訳、DTPサービスもご利用いただけませんのでご了承ください。
  医療通訳キューブ・ヘルプラインは通常通り営業させていただきます。緊急時は夜間も対応します。762-7771までご連絡ください。




サッカー部員募集 

 ピカサッカー部では2007年度サッカー部員を募集しています。経験者大歓迎!! マネージャーも大募集中です。
お問合せ:Mayumiまで  (403)762-1910 mayumiyasuda@hotmail.com





 コラム

PRK(レーザー視力矯正手術)体験談

  以前のバンフタイムズ(Issue 210&211)でレーザー視力矯正手術について記事を書きましたが、今回は実際に手術を受けた体験談です。

1.検査前準備
  検査の数ヶ月前には、コンタクトレンズの使用をやめなくてはなりません。ハードコンタクトレンズを長年使用していた私は、検査前12週間、眼鏡の生活をする羽目になりました。約3ヶ月経ったところでクリニックに電話をし、簡単な問診を含めた色々な質問を受け登録と検査予約が完了。メールで送られてきた資料(20ページ以上)を事前に読んでおくように言われました。

2.手術前検査
  まず、受付で過去の病歴、飲んでいる薬等のかなり詳しい問診表の記入をさせられます。その後、待合室で待っていると検眼師が呼びに来て検査をするということを繰り返します。眼底の写真撮影の他は、通常眼科で行われる様な検査でした。
  次に、眼科医のコンサルティングがあり、最新の機械を使い カスタマイズされたPRKで手術するということが決定しました。(LASIKかPRKかといった選択の余地は私にはありませんでした。)PRKになった理由は、2回目の手術ができるように角膜を残すため、また、私の瞳孔が普通の人より大きく開くからでした。
  その後、麻酔の目薬を点眼し、目の表面に機械を接触させて実際に眼圧と角膜の厚みを測定します。
  全ての検査が終了したところで、手術料金の見積もりが出ます。カスタマイズPRKということで、一番高い料金でしたが、これには5年間のフォローアップ検査とLife time enhancement (一生のうちでもう一度手術を受けられる)が含まれています。
  今回の検査結果は6ヶ月有効で、検査代は手術料金に含まれています。ただし、検査から半年以上経って手術を受ける場合は、再検査が必要になり、その金額は自己負担になるそうです。
  これでやっと終了です。検査は通常3時間と言われていたのですが、その日はそれほど混んでいなかったため、実際には2時間弱で終わりました。
  事前に読んだ資料に、帰りの交通手段を手配しておくように(誰かに送り迎えしてもらうとか)と書いてあったのですが、本当にその通りした。瞳孔を開く目薬がしばらく効いていたため、車の中でサングラスをしてもまぶしくて目を閉じなけらばならないほどで、とても自分で車を運転することはできませんでした。

3.手術前準備
  手術方法がPRKになったため、1週間の休暇をもらい、手術日の予約をしました。幸いにも妹がクリニックからそう遠くないところに住んでいるので、1週間の滞在と、手術日とフォローアップ時の送り迎えを頼みましたが、毎日の送り迎えなどの確保ができない場合にはクリニックの近くのホテルに宿泊するのも良いのかもしれません。
  手術3日前からアイメイクをやめ、手術前後の2日間はカフェイン、アルコールを摂取しないようにします。

4.手術日当日
  手術に行く前に、気をつけることがいくつかあります。まずはコロン、ヘアスプレー、ムース、アフターシェーブ・ローションなどのアルコールや香料が含まれた物を一切使用しないということ。使用している場合には手術を拒否される可能性があります。
  着て行く服にも気を使います。フリースやウールは静電気を呼ぶので禁止、更に柔軟材や洗剤の強い香りが残っているのもだめです。
  いよいよクリニックに到着し、受付を済ませるといくつかの検査を再度行い、前回から目の状態が変わっていないことを確認されます。また、手術後必要になる特別なサングラス、目薬の種類と使い方、翌日の検査時間などの説明を受けます。
  事前に読んだ資料には手術後1時間ほどクリニックで様子を見てから帰宅と書いてあったのですが、それはLASIKの場合で、PRKの手術後はなるべく早く帰宅し、麻酔の目薬を使用して数時間寝ることと、その間に誰かに痛み止めの処方薬を買ってきてもらうようにと言われ、あわてて妹に早めに迎えに来てもらうよう、連絡を取りました。

  暗い控え室に行き、ナースから手術についての説明を受けた後、麻酔の目薬を点眼され、いよいよ手術です。
  ドクターによる簡単な手術の説明の後、手術台に横たわります。目を閉じないよう器具を装着され、機械の赤いランプをずっと見ているように言われます。ナースからは弾力のあるボールのような物を渡されて握っているようにと言われました。そして手術が始まりました。
  ドクターが角膜の表面に加工をすると、汚れたコンタクトレンズをつけているような視界になります。その後4回のレーザー照射があり、そのたびに機械の赤いランプがぼやけて行きました。全ての照射が終わったところでドクターが目を洗浄してくれ、保護用のコンタクトレンズを装着したとたん、涙目のような状態で物が見えました。両目の手術にかかった時間が本当に10分程度だったのは驚きでした。
  手術後は、特別なサングラスを掛けて帰宅しました。後はひたすら数種類の目薬を使用し、言われた通り数時間仮眠を取り、ご飯を食べ、痛み止め(Tylenol#3と抗炎症剤)を服用し、早々と就寝しました。が、まるでコンタクトレンズをしていて目にごみが入った時のような異物感が右目にあり、片目だけ涙を流しながら寝ました。後で分かったのですが、多分、右目の保護用のコンタクトレンズが逆だったのだろうと思います。しかも、数日間痛み止めのTylenol#3を服用したため、予想通り便秘になってしまいました。

5.手術後フォローアップ
  手術翌日の早朝が1回目のフォローアップです。その時に、順調に回復しているので次は2日後と言われ、更にその3日後には保護用のコンタクトレンズがはずされました。そして、1ヵ月後検査が終わった現在では視力も安定し、両目共に20/20の視力(日本の表示では1.0)になっています。

手術から1ヶ月経ってみて
  手術後の1週間は、痛みというよりも目に石鹸が入ってしみているような感覚でした。自然と涙が出てくるので、大泣きした翌日のように目が腫れぼったくなります。手術後しばらくは目がかすみ、光に対しても過敏になり、左右の視力が違うため、目を閉じていることが多く、改めて目の大切さを知りました。
  2週目に入ると、目のかすみがなくなる等、段々と症状は落ち着いてきたのですが、コンピューターを使うとすぐに疲れ目になったり、ドライアイになったり、時々目がかすんだりするので注意が必要でした。細かい文字を読むのも一苦労で、年を取って目が悪くなるのはこんな感じなのかと思いました。
  3週目には左右の視力も同じになり、そのせいか、疲れ目もそれほどひどくなくなりましたが、ドライアイはまだ残っています。でも、遠くの山の木々がはっきり見えた時には、なんとも言ない気分になりました。
  1ヵ月を過ぎた今ではドライアイもかなり解消し、時々コンタクトレンズをつけていると錯覚してしまうくらい、物がはっきり見えてきました。
  手術を受けたら世界が変わると言われていたのですが、その通りでした。朝起きて、眼鏡を探さないと壁に掛かっている時計が読めないとか、旅行に行く時の荷物が増えるとか、冬には眼鏡が曇るとか、マリンスポーツが楽しめないとか、そんな心配はもういらないのだと思うと、変な感じがします。もし、誰かが手術を受けようか迷っていたら、私は間違いなくお勧めするでしょう。

入江博子



5月の晴れた空

  5月の晴れたロッキーの山には、穏やかな時間が流れていた。
数年前、ジャスパー国立公園の雪原を2週間ほどスキーで歩いたときの話。ロッキーの山の上に春が来るのは遅い。スキー場が閉鎖されても山の上では雪深い。スキーをはずすとお腹くらいまで潜る。朝晩はまだまだ氷点下。テントに着いた水滴が凍りついていたりする。
それでも、ひとたび晴れると、山は息を吹きかえす。日が昇るにつれて気温は急上昇。あたり一面の雪が反射する。強い日ざしに眼がくり抜かれそうだ。さえぎるもののない森林限界上では、町よりも暑くなる。日照時間は日に日に長くなる。ちょっとやそっと朝寝坊しても心配無用。5月となれば午後9時すぎまで明るい。雪質も良くなる。クラストした春の雪は快調なペースで歩ける。

  クマが冬の眠りからさめるのもこの季節。シーズン最初にクマの足跡を見た日の夜は、恐怖の一夜となる。風が木々を揺らす音も、ジャケットの擦れる音も、クマの仕業に思えてしまう。でもクマの存在には助けられることも多い。ロッキーの森は深い。雪の時季にはトレイルなど埋まる。地図とコンパスを駆使しても迷ってばかり。そんなときクマの足跡は道しるべになる。野生動物の直感だろうか。クマの足跡を追ってゆくと意外や意外、歩きやすい。いつしか目的地へと導いてくれる。だれもいない山のなかでクマと自分が共存しているみたいだ。そう思うと不思議な安堵感につつまれる。

  春の日ざしを浴びて、まっ白な雪原をもくもくと歩く。ふり返ると広々とした雪原に自分の足跡だけが見えないところまでつづいている。この景観はロッキー独特のものだ。果てしなき雪原にピークが重なり合って見える。山並みは見えないところまで連なっている。そんな大自然を独り占めできるのは、ロッキーならではの喜びかもしれない。
  天気の良い日には、昼前から大休止をきめこむ。バックパックを放り投げて、雪面にマットを敷いて寝転ぶ。コンロに火を点けてお茶をわかす。やわらかな春の日ざしと適度な疲労があいまって、いつしか心地よい眠りを誘う。ぼんやり遠くを眺めているだけで不思議な充足感につつまれる。
  午後になると雪がゆるみ雪崩が起きやすくなる。そんな雪山登山のセオリーなど、頭でっかちの言葉遊びに思えてしまう。包容力にも似た大自然のスケールを感じる。日常のささいなトラブルも、ちっぽけなのかもしれない。

  春の日差しにつつまれた雪原は私の心を軽くした。テントを張って食料が尽きるまでここに居るのもわるくない。それとも町に降りて食料調達し、雪の消えた山肌に草が芽を出すまで見守っていようか。あるいは山並みのつづくかぎり歩きつづけ、最後は先住民の村で新しい生活をはじめようか…。
  5月の晴れたロッキーの山では、そんなことばかり夢想していた。

田中幹也 http://www.geocities.jp/kanyatanaka2005


筆者紹介:田中幹也(たなか・かんや)
  冒険家。1995年厳冬カナダでマイナス40度Cの自転車旅を実践。以後10年間、厳冬カナダ辺境の旅に費やす。ノースウエスト準州、ラブラドル半島、中央平原、ロッキー山脈でスキー、ソリ、徒歩、自転車などで2万km踏破。世界記録多数。オーストラリア自転車横断、タイ北部山岳地帯自転車踏破、中国やモンゴル奥地の放浪、アルプスのクライミングなども実践。旅行業界や出版業界にも携わる。共著に『達人の山旅1』(みすず書房)、共編著に『目で見る日本登山史』(山と溪谷)。







数字で見るカナダ その6 ~人の名前~

A;「今度マイクがハイキングに行かないかって言ってたよ。」
B:「マイクってどのマイク? 」
A:「カフェで働いているマイク。背の高い。」
B:「あー。あのマイクか~。」

  こんな会話、聞いたことありませんか? 私の周りではしょっちゅうあります。そんなに広いとは言えない交友関係の中に、「アンドリュー」が二人、「クリス」も二人。ひょっとしてここらへんがカナダ人によくある名前なのでしょうか?
  そこで今回は、カナダ人の名前について調べてみました。出典は、アルバータ州政府Alberta's Top Baby Names、1990年。(本当は私の周りにいる30歳ぐらいの人のデータが欲しかったのですが、見つからなかったので、手に入った一番古いデータです。)対照の日本のデータは、明治安田生命生まれ年別名前ベスト10、1990年版です。

 表1、アルバータ州で登録された子供の名前(1990年)  

順位 男児 女児
一位 マイケル ジェシカ
二位 マシュー アマンダ
三位 カイル アシュレイ
四位 クリストファー ステファニー
五位 ライアン サラ
六位 ジョーダン サマンサ
七位 ジャスティン ジェニファー
八位 ダニエル ブリトニー
九位 ジョシュア ニコル
十位 タイラー ミーガン

 
  どうでしょう? かなり聞き覚えのある名前ばかりではないでしょうか?
  次の表2は、日本の同じ年生まれの子供の名前です。

表2、明治安田生命調査、子供の名前ベスト10(1990年)

順位 男児 女児
一位 陽子
二位 大輔 裕子
三位 真由美
四位 健一 久美子
五位 純子
六位 哲也 智子
七位 直樹 優子
八位 美香
九位 恵美
十位 大介 美穂

  こちらもかなり聞き覚えのある名前が並んでいます。私は最初、「英語圏の人は同じ様な名前を付けているのでは?」と思ったのですが、日本の子供の名前ベスト10を見て、「日本も同じかも」と思い直しました。
  ちなみに英語圏の人は本名そのままではなく、愛称を使うことが多いです。アレクサンダーがアレックス、パメラがパムぐらいなら分かりやすいのですが、ウィリアムの愛称はビル(ビル・クリントンの本名はウィリアム)、エリザベスはベティーなど、一ひねりある場合もありますので気をつけましょう。

バンフタイムズ編集部





Let's Talk Like Canadians!!
~英会話ワンポイントアドバイス~


Have a change of heart = 気が変わる、心変わりする
  新しい気持ち、または予期せぬ気持ちを経験すること。”changing our minds” は意思、決断を変更する時に使い, ‘have a change of heart’ は物の感じ方や自分の意見を変更する際の表現です。

●Situation 1
Evelyn: I’m surprised to see you here Mike. You never come to company parties.
(マイク、ここで会うとは思わなかったわ。あなた、会社のパーティーには全然来ないじゃない。)

Mike: I know. I really don’t like work parties very much but I had a change of heart about this one. Mr. Jones has been a great boss and I thought I should be here to congratulate him on his retirement.
(そうなんだよ。あまり会社のパーティーは好きじゃないけど、今回は気が変わったんだ。ジョーン氏はとても良い上司で、退職のお祝いには来た方が良いと思ったから。)


●Situation 2
Andrew: I’m interested in buying your car Shaun. How much money do you want for it?
(君の車を買いたいんだけど。いくらで買い取って欲しい? )

Shaun: Actually, it’s not for sale anymore. I had a change of heart. I really love that car.
(実は、もう売りには出してないのよ。気が変わったの。あの車、すごく気に入っているから。)

Andrew: But what will you do with it? You’ll be away for a year! 
(でも車はどうするの? 一年も留守にするんだろう! )
Shaun: My parents said that I could park it at their place.
(親の所に停めておいても良いと言ってくれているのよ。)


●Situation 3
Nina: Guess what! I’m going to get a dog. I’m going to go and get her today.
(ちょっと聞いて! 犬を飼うの。今日犬を引き取り行くわ。)
Angela: I thought that your landlady wouldn’t let you have a pet. 
(あなたのところの大家さんはペットを許可しないと思ってた。)
Nina:She had a change of heart when I showed her a picture of the dog I’m going to get. I also said that I would pay an extra damage deposit. 
(飼う犬の写真を見せたら、彼女の気が変わったみたい。余分にダメージデポジットも払うって言ったし。)



         

BY Debbie Penninga (Banff Education Centre講師)





「スキー場へ行こう !」

  ~シーズン・パス早期購入割り引き~
 そんなに早く? と思われるかも知れませんが、毎年今の時期、来シーズンのスキーパスが発売されます。かなり早めなのですが、今年の冬は絶対ロッキーでボード、と決めている方には断然お得な情報です。

【サンシャインスキー場・アーリーバード・シーズン・パス・セール】
販売期限:5月31日(木)まで
販売価格:大人 $ 629
 ミッド・ウィーク(月~木) $ 499
購入可能場所:762-6500 オンラインskibanff.com

【ノーケイスキー場・アーリーバード・シーズン・パス・セール】
販売期限:6月1日(金)まで
販売価格:大人$ 429
購入可能場所:オンラインwww.banffnorquay.com
                





編集後記

 5月10日号のアウトルック紙の表紙に、一艘のカヌーに乗った家族(カップルと小さな子供一人、犬一匹)の写真が掲載されました。ある休日を写したほほえましい写真かと思っていたら、どっこい。なんとこの家族、キャンモアからハドソン湾まで6ヶ月をかけて下っていくそうです。日本とは違うスケールの大きさにびっくり。
 でも可能ですよね。ボウ川はその後、サスカチュワン川やウィニペグ湖に流れ込みハドソン湾まで繋がっているんですもんね。でもそれにしてもうらやましい!夏、カナダ、私もなにか冒険したいものです。
 カヌーといえば、次回のバンフタイムズには田中幹也さんのユーコン川のカヌー旅コラムを掲載予定です。どうぞお楽しみに。(も)





Published by CUBE Enterprises Inc.

banfftimes@telus.net

掲載記事・画像の無断転載を禁じます。
(C) CUBE Enterprises Inc. 1996-2005
All rights reserved.