最新号
 ニュース
 インフォメーション
 コラム

ローカル掲示板
 求人情報
 貸部屋
 売ります
 買います
 探しています
 お知らせ

バックナンバー
バンフタイムズ名物 コラム集


バンフ生活お役立ち情報
 ビザ
 運転免許
 健康保険など

インフォ・ルーム
 無料インターネット
 各種情報提供

バンフ観光案内
 今日のバンフの景色
 バンフ天気予報

スキー情報
フォトアルバム


広告お申し込み
 日本語版広告お申し込み
 料金表

 Advertisement application
 Price list





医療通訳 Cube Help Line

アクセス数

Google

バンフタイムズ内を検索
WWW を検索


Issue 258        2007年10月4日号 


 ニュース

マーブル・キャニオン再オープン
2008年度ワーホリ募集要項発表
アルバータ州労働大臣、アジア訪問
キャンモアのスピード違反、非住民多い
節水型トイレへの補助金制度延期



 インフォメーショ

今年の夏時間は11月第1週まで
バンフ町議会議院選挙

コミュニティー・クラス募集中
バンフ公共スケート・リンク、オープン 
カナダ・ファミリー・ウィーク
インフォルームお休みのお知らせ

 コラム

私のお勧め・カナダのベスト3 
幸せを数えてみませんか?
静かな秋の映画紹介 ~この季節にぴったりの作品~
Let's Talk Like Canadians!! ~英会話ワンポイントアドバイス~
カナダ、紅葉みどころ紹介 紅葉のメッカ、「アルゴンキン州立公園」
12星座別 タロット占い



 ニュース

マーブル・キャニオン再オープン

    山火事による被害のため、長い間閉鎖されていたクートニー国立公園内のマーブル・キャニオンのトレイルとピクニック・エリアが、 9月22日(月)再オープンした。新しいトレイルは安全に配慮され、フェンスも付けられている。また、山火事の自然における役割や、植生の変化などを説明したパネルなども新しく展示されている。
  2003年、落雷が原因で起こった山火事は、17,409ヘクタール(クートニー国立公園の約12%)を焼きつくし、1ヵ月後に消火された。

9月25日発行、クラグ・アンド・キャニオン紙より





2008年度ワーホリ募集要項発表

  10月1日(月)、2008年度のカナダ/日本ワーキングホリデー・プログラムの募集要項が発表された。期間、人数は、例年通り一年間、年間5,000人で定員に達し次第締め切られる。去年からの大幅な変更は、参加費16,500円が必要になったこと。この参加費はPPFと呼ばれ、申請処理を行う費用として使われる。2000年から、オーストラリアとニュージーランドからカナダ・ワーキングホリデーに参加する場合には既に課金されており、2007年10月1日以降はその他の国からの参加者にも適応されることになった。詳しくは、カナダ大使館のウェブサイトをご覧下さい。www.canadanet.or.jp

バンフタイムズ編集部




アルバータ州労働大臣、アジア訪問

 Iris Evansアルバータ州労働移民産業大臣は、10月6日(土)から19日(金)まで、フィリピン、日本、中国のアジア3カ国の政府や業界の要人を訪問する予定。今回の目的は、アルバータ州のオイル・サンドへの投資と関連業界への移民推進。
  Evans氏は、日本には10日から12日まで滞在し、石油会社や経済産業省との会合、カナダ商工会議所での講演会などを行う。 

9月27日発表、アルバータ州ニュース・リリースより



  
キャンモアのスピード違反、非住民多い

 キャンモアでは、今年4月から、スピード違反発見用のフォトレーダーが導入されている。最近、非住民が写真を撮られる件数が住民の約4倍になっているという。ちなみに導入当初は地元民が64%、非住民は36%だった。 

9月20日発行、アウトルック紙より



節水型トイレへの補助金制度延期

  9月24日(月)、町民に節水を推奨する補助金制度導入に対して、バンフ町議会で延期の決議が下った。
  この制度は、節水型の便器を購入して取り付ける町民に対して、150ドルの補助金を出すというもの。しかし、この補助金の有効性に対しての疑問をもつ町議員が多かったため延期になった。

9月25日発行、クラグ・アンド・キャニオン紙より 




インフォメーション



今年の夏時間は11月第1週まで

    通常なら10月第4週日曜日に終了するはずの夏時間(ディ・ライト・セイビング・タイム)が、今年は11月の第1日曜日まで引き続き行われます。お間違えのないように。


  

バンフ町議会議院選挙

 10月15日(月)、バンフ町議会議員選挙が行われます。選挙権は、カナダの市民権を持っている18才以上の方にあります。詳しくは、地元英字新聞をご覧下さい。



コミュニティー・クラス募集中

 コミュニティー・ラーニングは、バンフ町が主催する地元で気軽に受けられる短期講座です。アイス・スケートからパソコン、語学、料理や工芸など、さまざまな講座が用意されています。秋の募集要項掲載冊子はバンフ町役場などで入手することができます。




秋の粗大ゴミ回収 
   
  バンフ町恒例の秋の粗大ゴミ回収が行われています。電話予約をすると、家まで引き取りに来てくれます。家具や大きな家電などが対象で、車の部品や、商業ゴミ、建築資材、危険物などは引き取ってもらえません。予約の際には、粗大ゴミの詳細をお伝え下さい。

電話番号:762-1240
締め切り:10月5日(金)

カナダ・ファミリー・ウィーク

 10月1日(月)~7日(日)は、カナダ・ファミリー・ウィークです。バンフ内でも子供と一緒に楽しめる様々な催しが行われます。お問い合わせは、バンフ町コミュニティー・サービス、762-1251まで。

無料プール、ジム
日時:10月6日(土)、午後1時~4時
場所:バンフセンター、サリー・ボーデン

バンフ小学校開放
  工作やゲーム、無料BBQもあります。
日時:10月6日(土)午前11時~午後1時
場所:バンフ小学校

無料家族スケート
日時:10月7日(日)午後12時半~2時
場所:レクリエーション・センター



インフォルームお休みのお知らせ 
   
    10月23日(火)~11月いっぱい、インフォルームをお休みさせていただきます。本を借りていらっしゃる方は、10月18日(木)までに返却をお願いいたします。





 コラム

私のお勧め・カナダのベスト3 

「カナダのどこがお勧めですか?」
  旅人からかならずそう訊かれる。毎年カナダに通いつづける私だが、困ったことに著名な観光地をほとんど知らない。気に入った場所はいずれも知名度が低い。もしかしたら地図を見ないとピンとこないかもしれない。目的地よりも道中の楽しさに重きを置いている。できればもう一度訪れたい、そんな土地でもある。

1.冬季ノースウエスト準州、グレート・スレイブ湖
  カナダ北部では、荒野に暮らすアウトドア・マンをよく見かける。でも女性はめずらしい。当時30歳代のA嬢は、グレート・スレイブ湖の小さな島に小屋をたて一人で暮らしていた。冬は凍結した川や湖を犬ゾリで旅したり、夏はあまり人の訪れない川をカヌーで下ったりしている。数多くの体験で得た知識は信憑性が高い。私の極寒サバイバル技術のほとんどはA嬢から授かった。雪の家のつくり方はその一例。

グレート・スレイブ湖湖畔に住む画家のMさんは先住民。彼はアトリエに陽が注しこむ2時間だけ絵を描く。太陽の光でないと鮮明な色彩が描けないのだ。そのためかMさんの絵画からはエネルギーがあふれている。別れ際には、お香のようなものをたいて先住民独特の安全祈願をしてくれた。長期の狩猟に出る前にも同じような儀式を行う。これまでなんとか無事でこられたのも祈祷のおかげだろうか。

2.冬季マニトバ州、ウイニペグ湖
 2冬連続でトライしたウイニペグ湖スキー縦断。じつは2度とも失敗している。1度目は暖冬で氷がズタズタに割れて断念。2度目は未曾有の寒波で断念。ふつう計画が失敗すると、忌まわしい思いばかりが残る。でも冬のウイニペグ湖は違った。

 このあたりは狩猟が生活に密接している。村の近くからときおり銃声が聞こえてくる。ムースや鳥の狩りをしているのだ。湖の氷が溶けると、釣りに出かけるボートが頻繁に行き交う。ここでは先住民の子供たちから日本についてよく訊かれた。「日本にも雪がありますか? 」「日本にもムースが棲んでいますか? 」「日本人も釣りをしますか? 」。子供たちの関心は自然に関するものばかり。建物も生活も西洋化近代化したなかで、古き良き文化は受け継がれている。どこか日本の地方にも共通するのではないか。郷愁の念を思い起こさせる、そんな土地だった。

3.冬季ラブラドル半島
 カナダ東端に位置するラブラドル半島は、ガイドブックでも紹介記事はほとんどない。カルガリー最大の図書館に2週間通い、アウトドアー雑誌のバックナンバー20年分をかたっぱしから調べた。が、残念ながら成果なし。

  それでも情報収集の過程は楽しいものだ。地図を眺めてシミュレーションする。情報の少なさが逆に想像力を掻き立てる。想像力のなかで世界が、ぐんぐん膨らんでゆく。さて、実際の冬季ラブラドル半島は―海沿い特有の強風と大雪、体感温度マイナス80℃―というエキサイティングな世界。出発前に描いていた情景と現地での熱く奮闘した日々が、不思議なほど一致していた。そんな希有な旅だった。

ガイドブックや情報が氾濫するカナダだけれど、着眼点を変えればまだまだ独創性を発揮できる。発見の喜びも原始の香りもたくさん残されていた。案外、身近な所にもそんなエリアがあるのかもしれない。さて、この冬はどこへ行こうか…。




田中幹也 http://www.geocities.jp/kanyatanaka2005/


筆者紹介:田中幹也(たなか・かんや)
  1995年厳冬カナダでマイナス40℃の自転車旅を実践。以後12年間、冬のカナダ辺境の旅に費やす。ノースウエスト準州、ラブラドル半島、ロッキー山脈でスキー、徒歩、自転車などで2万km踏破。世界記録多数。オーストラリア自転車横断、タイ北部山岳地帯自転車踏破、アルプスのグランドジョラス北壁やヨセミテのエル・キャピタン登攀なども実践。日本国内山岳で冬季初登多数。人生で得た教訓は「才能がなければ努力してもムダ」。共著に『達人の山旅1』(みすず書房)、共編著に『目で見る日本登山史』(山と溪谷)。







幸せを数えてみませんか?

   私の幸せ、
① 五体満足で生まれた(お古にはなったけれど、まだ使える)。
② 大病を患うことなく成長した(小病は数かぎりなく患った)。
③ 戦争中、原爆を体験しないですんだ(広島、長崎の方ゴメンナサイ)。
④ 大空襲にあったけれども、ケガをしなかった(P51戦闘機に狙われたけれど、弾が当たらなかった。だから宝クジにも当たらないのかな? )。
⑤ 飢えたけれど、イモガラとスイトン食べて生きのびた。
⑥ 子供達が健康で、無事に成長した。
⑦ 子供達が誠実な人間で、社会のハズレ者にならなかった。
⑧ 私は大年寄りになってしまったけれども、健康で、そうひどくボケてはいない。自分の足でトットと歩ける(でも少し、ボケたかも・・・)。
⑨ 地道に食べていけるし、家もある。屋根の下で眠れる(昔ほど、大食いではないので・・・)。
⑩ 身近に戦争もないし、テロもないし、今のところは平穏無事だ。
⑪ 大自然のド真ん中の小さな町バンフに住んでいる(大都会は好きではない)。
⑫ 地震がまったくない(有りがたい、有りがたい)。

  大雑把に数えてみても、12ヶも幸せを持っていました。世界を見渡せば、戦争とテロと飢えにさらされている人が何億人もいるのです。宝クジに当たらなくたって、幸せだなーと、つくづく思いました。

ケイ








静かな秋の映画紹介 ~この季節にぴったりの作品~

 『Fly Away Home』(邦題:『グース』)
  この映画は1996年に封切り。舞台はカナダのオンタリオ州。カテゴリーはファミリー向けとなっていますが、どんな年代にも幅広く愛される感動ストーリーです。とにかく物語の組み立てがスムーズで受け入れやすく、映像がとてもきれいです。有名なシーンは、カナダの燃えるような紅葉の森の上を飛んでいく空撮。果てしなく広がる空に、ゆうゆうと翼を羽ばたかせながら飛んでいく鳥達の姿と、夕暮れには真っ赤な夕日が輝くシーンは何度見ても感動の場面です。
  主演は、1993年の『ピアノ・レッスン』で助演女優賞を獲得したアンナ・パキン。今回は13歳のニュージーランド少女として登場します。クレジットタイトルの映る冒頭の場面では、実音が消された交通事故の哀しいイメージから始まります。母親をこの事故で亡くし、遠くカナダにいる父親のところに連れて行かれる寂しさただよう少女エイミー。

 <あらすじ>
  母親を交通事故で亡くしたエイミーを迎えにきたのは、今までほとんど会った事もなかったカナダ・オンタリオ州在住の父親、トーマス。
  オンタリオの自宅で仕事をするトーマスは、芸術家であり彫刻家でもあるが、そんな風変わりな父親とは、なかなかなじめずにエイミーは日々孤独になっていく。
  ある日、森で母親が死んでしまったカナダガンの卵16個を見つけたエイミーは、その卵を持ち帰り、孵化することに熱中する。鳥は、生まれて初めて見た動くものを母親と思い込む習性があるので、16羽の雛達はみなエイミーを母と思い、育っていく。孤独だったエイミーに生きる楽しさが見えてきた。ガンの子供達を大切に育てていくエイミーだが、秋が近づく中で大変な問題にぶつかる。カナダガンは冬が来る前に、越冬のため、約800 km南下渡りをしなければならない。渡りを子供達に教えられるのは母親鳥しかいないという。
   トーマスは、以前から軽飛行機を作り、自分でも飛ぶ練習をしていたため、この問題を解決するにはエイミーにも軽飛行機を与え、飛行を練習させて鳥たちと一緒に飛ばせるしか方法がないと決心。このあたりから仲のギクシャクしていた父娘の心のふれあいが始まる。
  試行錯誤を重ね、いよいよ出発。カナダ・オンタリオ州からノースキャロライナまでの4日間800 kmの空の旅が始まる。カナダの秋深く、ママグースと名乗るエイミーの16羽の子供達をつれた大空への旅は続く。

  16羽のグースが大空に羽ばたく美しいシーンは、コンピューターグラフィックでも合成でもなく、本物の貴重な映像です。また、実際に自分が軽飛行機で誘導し、鳥に渡りを教えた人物(このストーリーのモデルとなった人物)がカナダに実在するそうです。
  一度観た方も初めての方も絶対楽しめるこの季節にぴったりの映画です。 

Chiaki





Let's Talk Like Canadians!!
~英会話ワンポイントアドバイス~

From time to time = 時々、時折
  時々という意味ですが、sometimesとは意味合いが違います。 ‘sometimes do ~’(時々~をする)、と言う時は、たいてい一定の規則で行うことを表します。例えば、 “I sometimes watch TV at night.(テレビを夜に時々見る)” 。 From time to time、とはそこまで頻繁ではなく、予期していない時に使います。例えば、 “I think about them from time to time(彼らのことを時々考えたりするよ)”。

●Situation 1
Doug: Do you remember Alex?
(アレックス覚えてる? )
Aaron: Yeah, I do. He still sends me an e-mail from time to time.
(うん、覚えてるよ。彼はまだ時々メールを送ってくれるよ。)
Doug: Oh yeah? How is he doing?
(本当? 彼はどうしてる? )

●Situation 2
Doctor:
Do you feel that you are generally a pretty healthy person? 
(自分で一般的に言って健康体だと思う? )
Patient: I think so. I get sick from time to time, but no more than anyone else that I know.
(そう思います。時々風邪を引きますが、私の知っている人と比べても普通です。)

●Situation 3
Tourist:
The weather is wonderful here! It’s warm but not too hot.
(ここの天気は最高! 暑すぎず、ちょうど暖かい。)
Tour Guide: Yes, we’re very lucky. It rains from time to time, but most days are sunny and warm.
(そうなんですよ。私達はとても恵まれていると思います。時折雨が降りますが、たいていは晴れで暖かいです。)

        

BY Debbie Penninga (Banff Education Centre講師)







カナダ、紅葉みどころ紹介
紅葉のメッカ、「アルゴンキン州立公園」

   引き続き、カナダの魅力の場所をご紹介しましょう。旅に出て日常の生活から一歩離れれば、気持ちもリフレッシュ。思い立ったが吉日。さあ、でかけましょう。

  東カナダの紅葉の美しさは、いまやとても有名な話。だれでも、一度は訪れたいと憧れている旅先のひとつでしょう。一概に東カナダの紅葉といっても、広大な範囲のため、標高や気候により、見ごろな時期や場所はまちまちです。総体的に、9月中旬から10月中旬が紅葉のピークにあたり、名所はケベックシティとその周辺、モントリオール、ローレンシャン高原、オタワ、ナイアガラなどです。ここでは特に、私が個人的にも大好きな紅葉の場所をご紹介します。

  トロントから北へ250 kmほどあがったところに位置する「アルゴンキン州立公園」。この州立公園には、7,600平方kmにも及ぶ広大な森林に、いくつもの湖が点在しています。特に有名なのが無数にあるカヌー・ルートで、大自然の中、カヌー・キャンプやハイキングをする人たちのメッカとなっています。広い公園内には60号線という道路が一本通っており、カヌーやキャンプをせずに、この道をドライブするだけでも、大自然と紅葉を楽しむことができます。公園の西門から東門までのドライブはまさに「夢の紅葉ハイライト道路」とでもいうべき美しさ。

  トロントから向かいアルゴンキン州立公園へ入る手前にある、「ハンツビル」という町付近は、休暇を楽しむトロント人たちの憩いのリゾート地として有名です。紅葉観光だけではなくゴルフ、テニス、ボート遊びなどのアクティビティーも盛んです。
 

遠藤千晶








  
牡羊座(3/21-4/20) 牡羊座(3/21-4/20) 新しい出会いや、物事のスタートが期待できそう。過去をきっちり清算することで良い方向に進めます。過去にはこだわらないで。
仕事 ★★☆ 恋愛 ★★★ 金運 ★★☆
牡牛座(4/21-5/21) 欲深くなっているようです。対人関係や金銭面でのトラブルに気をつけましょう。今月は節約に努めましょう。
仕事 ★☆☆ 恋愛 ★☆☆ 金運 ★☆☆
双子座(5/22-6/21) 気軽に行ったことが重大問題に発展しかねません。慎重に行動しましょう。ハイキングや乗馬には十分気をつけて。
仕事 ★☆☆ 恋愛 ★☆☆ 金運 ★★☆
蟹座(6/22-7/23) 新しいことへの挑戦に意欲が湧いてきます。ここでしっかり準備をし作戦を練りましょう。良い結果が見込めそうです。
仕事 ★★★ 恋愛 ★★☆ 金運 ★★☆
獅子座(7/24-8/23)  強いリーダシップを発揮できそう。困難を乗り越え問題を解決できそうです。しかし、ひとつ間違えると暴君になるのでほどほどに。
仕事 ★★★ 恋愛 ★★☆ 金運 ★★☆
乙女座(8/24-9/23) 仕事とプライベートの両立が上手く行きそう。2ジョブするのもOKです。ただし、恋愛においての二股はお勧めしませんが。
仕事 ★★☆ 恋愛 ★★☆ 金運 ★★☆
天秤座(9/24-10/24) 口先だけで実力が伴ってないようです。ハッタリは後々あなたを苦しめることになりかねません。財布と口先はしっかり締めましょう。
仕事 ★☆☆ 恋愛 ★★☆ 金運 ★☆☆
蠍座(10/24-11/22) 仕事のストレスやマンネリからお酒やギャンブルにはまらないよう気をつけましょう。今、はまると抜け出すのに苦労します。
仕事 ★★☆ 恋愛 ★★☆ 金運 ★☆☆
射手座(11/23-12/21) 家庭のゴタゴタで心が休まりません。頑固な姿勢が敵を増やしてしまいそう。黄葉を観に散歩に出かけましょう。心が落ち着きます。
 仕事 ★☆☆ 恋愛 ★☆☆ 金運 ★★☆
山羊座(12/22-1/20) 他人の犠牲になりそうです。約束を破られたり、騙されたり。美味しい話には裏がありそうです。慎重に行動しましょう。
仕事 ★☆☆ 恋愛 ★★☆ 金運 ★★☆
水瓶座(1/21-2/19) 人間関係のトラブルでストレスが溜まりそう。年上女性に相談すると良い方向性を見出せそうです。母親に電話しましょう。
仕事 ★☆☆ 恋愛 ★★★ 金運 ★★☆
魚座(2/20-3/20) 夢の実現に向けて前進あるのみです。決断するまでは時間が掛かりそうですが迷いは捨てて動き出しましょう。
仕事 ★★★ 恋愛 ★★☆ 金運 ★★☆

 

占い師ファティマ


Published by CUBE Enterprises Inc.

banfftimes@telus.net

掲載記事・画像の無断転載を禁じます。
(C) CUBE Enterprises Inc. 1996-2005
All rights reserved.