コラム



バンクーバー五輪の大感動をもう一度!カナダ国旗よ高らかに。
移住者としての誇りをもち、カナダ国歌を覚えよう!(和訳つき)
五輪のモットー「輝ける心をもって」は国歌のフレーズから。





世紀末の出来事2件 後編

世紀末の出来事2件 前編
スキー場へ行こう 〜スキー場のイベント〜
旅へのいざない 〜天空の魔法、オーロラを観に〜

バンフの見所Vol.6 サルファー山のゴンドラ
バンフ初心者・便利帳 〜A家を探すときの注意〜
生活の知恵 〜ライム除去〜
料理の知恵 〜近藤流地中海風パスタ〜
今日は何の日 11月11日(日)リメンバランス・ディ
Let's Talk Like Canadians!! 〜英会話ワンポイントアドバイス〜
健康サプリメント紹介〜風邪に効果のあるコエンザイムQ10〜
カナダらしい食べ物





 今年の秋はチャーチルへ
  白熊たちに会いに行こう!
                レポート:   遠藤千晶 (Cube Enterprises Inc.)

チャーチルへはマニトバ州の首都、ウィニペグから飛行機で約2時間半、ハドソン湾に向って真直ぐ北上します。チャーチルは北緯58度に位置していて、これは樺太よりずっと北、カムチャッカ半島のつけねあたりになります。チャーチルは年間定住者が約900人という小さな町ですが、毎年この時期10月中旬からの1ヶ月間は1年中で最も賑やかな「白熊観光シーズン」を迎えています。

 White Bear又はPolar Bear(北極熊)と呼ばれている白熊は内陸部で夏季シーズンを過し、ハドソン湾が氷結すると氷を渡って北上します。チャーチルは湾内でいち早く氷結が始まる場所なので、この時期氷結を待つ白熊達がチャーチルにぞくぞくと集まってくるのです。

 白熊見学はチャーチルの町からハドソン湾沿いに東へ小1時間バスに揺られ、そこから大きなタイヤのバギーと呼ばれる特別トラックバスに乗り換えてツンドラ地帯に入って行きます。ツンドラ地帯は白熊の特別保護区ですので普通車の乗入れは禁止されています。広がるツンドラ地帯をバギーで走り、白熊のいる所を探します。白熊が見えるとバギーを止めてしばらく見学しますがこの時、しばしば白熊の方からバギーに近寄ってきたりします。本当にすぐ真近にかわいい熊達を見られるのが特徴です。このバギーツアーは地元の会社2社が扱っておりますが、毎年予約を取るのが大変困難です。チャーチルに白熊を見学に行く際、このバギーツアーの予約が取れなければ意味がないので必ず事前に予約を入れましょう。

 尚、飛行機やホテルなどの予約もこの時期は予想以上に混雑します。特に宿泊施設は行き当りばったりとはいかない場所なのでご注意下さい。この時期だけBBとして部屋を提供している一般家庭もあり、宿泊費はホテルよりお手頃です。チャーチルまでの交通手段は一日一往復のプロペラ飛行機、もしくは鉄道でウィニペグから約36時間(車中2泊)です。地つながりの土地なのに道路がないのは驚きですね。

 白熊見学のベストシーズンは毎年若干違いますが、特に確率の高い期間は11月第一週目と言われています。気候はマイナス20度ほどの吹雪になる日も珍しくありません。

 充分な準備を整えてぜひ、ぬいぐるみのように愛らしい白熊達に会ってきて下さい。

                                    遠藤千晶



カナダ国歌 Oh Canada!
                 和訳: 遠藤千晶 (Cube Enterprises Inc.)


O Canada!                    おお、カナダよ
Our home and native land!              われらが故郷、われらが祖国
True patriot love in all thy sons command.      あなたの子すべての中に息づく真の愛国心

With glowing hearts we see thee rise,        輝ける心をもってそびえ立つ祖国を見守らん
The True North strong and free!
           真の北国 強固にして自由なり

From far and wide,                  はるか遠く、広くから
O Canada, we stand on guard for thee.     おお、カナダよ われらはあなたを守りゆく   

God keep our land glorious and free!   神よ、これからもわれらの大地を壮麗、自由に保ちたまえ 
O Canada, we stand on guard for thee.    おお、カナダよ われらはあなたを守りゆく

O Canada, we stand on guard for thee.    おお、カナダよ われらはあなたを守りゆく

 

O Canada!                    おお、カナダよ
Where pines and maples grow,!            松と楓の木々が育ち    

Great prairies spread and lordly rivers flow.   大草原が広がり大いなる川が流れゆく

How dear to us thy board domain,     あなたの広大な領土はなんと親愛なるものなのか
From East to Western sea!           東から西の海へ

Thou land of hope for all who toil,        あなたは懸命に働くすべての者たちの希望の地 
Thou true North strong and free.          真の北国 強固にして自由なり

God keep our land glorious and free!    神よ、これからもわれらの大地を壮麗、自由に保ちたまえ
O Canada, we stand on guard for thee.    おお、カナダよ われらはあなたを守りゆく

O Canada, we stand on guard for thee.      おお、カナダよ われらはあなたを守りゆく

 



世紀末の出来事2件 後編  (2008.1.21)


コンピューター2000年問題と人命救助

 さてコンピューター2000年問題(Y2K問題)というなにやらワケの解らない問題があったことをご記憶の方も多いと思います。
 この問題というのは末尾2桁の数字を解読するコンピューターが紀元2000年になるとそれを1900年と理解し不測の事態がしゅったいするかも知れないというものでした。
 このため、事前に様々なコンピューター対策が施されることになりました。小生の如くBC年代(Before Computer)生まれの者にとって、この問題に感受性が無かったせいか大したことはないであろうとタカをくくっていました。そして過ぎてみれば、事前の手当が良かったのか、ミサイルの誤発射等というオソロシイ事故を含め世界的にほとんど混乱もなく、なにやら誰が何のために言い出したのか?と疑念さえ起こるような平穏無事な幕切れでした。
  さてご多分にもれず我が役所も前々から色々と対策を立て手当しましたが、特筆すべきは東京の指令に基づき1999年大晦日の夜から、2000年の年明け後まで、事務所のコンピューター関係諸設備に異常が発生してないか、また任地の状況に異常はないか、調査の上、速やかに本省に報告することでした。そこで、ルーマニアにおいても大晦日から正月にかけて小生を含む館員数名が事務所に泊まり込みで徹夜になりました。ちなみに我々が状況を問い合わせるカウンターパートとなるべきルーマニアの担当部局では宿直者はわずか1名ということでした。また、各国在外公館もこれほど、まじめに(?)Y2K問題をフォローしている在外公館は日本くらいでした(なお海兵隊などが居る米国大使館については不明)。
  何しろ大晦日というのは同地では皆パーティーを開いて徹夜で踊り明かすというのが普通で、欧米系の外国人も例外ではありません。もちろん、我が国とて通常の年であれば、大晦日の夜に事務所でこのような徹夜シフトを敷いていることはありません。当日はブカレストに於いて昼頃から本格的な雪になり、夜にはかなり積もりました。12時になると年明けを祝し花火が何発か打ち上げられました。我々は12時を期して、そそくさと乾杯をし、本省報告用の点検、問い合わせをして、速やかに異常なしと報告しました。

 ところが、我が事務所の隣がC国大使の公邸だったのですが、なにやらその屋根のあたりから男の叫び声が断続して聞こえました。最初は酔っぱらった男がベランダに出て叫んでいるのかと思っていましたが、叫んでいるのは英語で何やらただならない状況のようでした。そこで、どうしたのかとこちらから声を掛けると、その男は扉の締め出しを食ってベランダから誰もいない公邸に入れないので助けてくれと言っているのです。そこにはルーマニア側の警察も警備しているので、我々は助けてやってくれと交渉したが、彼らも見上げるのみで「我々は中には入れない」の一点張りで動きません。当然、C国大使館事務所に電話をしてみましたが誰も出ません、C国大使夫妻は某ホテルでのニューイヤーパーティーに行ってるとかで連絡電話を試みましたが、連絡もとれません(当時はまだケータイが普及していなかった)。
  30分あまりが過ぎ、ついにその男はもう寒くて我慢が出来ないので飛び降りると言い出しました。雪が薄く積もっていると言え、ベランダは飛び降りれば怪我をすること必至の高さで、ついに人命優先ということで、3名の我が方館員がC国公邸のガラスを割って中に入り、3階まで駆け上がり、ベランダへの扉を開け、うずくまっていた少年を救出しました。その少年は16才で、室内が暖房完備のため、なんとTシャツ、半ズボンで外に出ていたのでした。ベランダへの扉は、閉まると外からは開けられない構造になっていました。その後数時間して帰ってきたC国大使夫妻から当館の行動は大いに感謝されました。(了)

堀江 副武



世紀末の出来事2件 前編  (2007.12.20)


 オカルト好きの私の期待に反し、空から「恐怖の大王」が降ってくることもなく、1999年7の月には何も起こらなかったですが、私がルーマニアに勤務中の同年に経験した多少とも変わった体験をご紹介します。

1.皆既日食とパバロッティ
 本年9月6日、世紀の大テノール歌手ルチアノ・パバロッテイが亡くなりました。享年71才。好みの問題はありますが三大テノールの中では一番「艶と華」があり、主観的には空前の名テノール歌手と思います。
 私にとってパバロッテイは皆既日食の経験に結びついています。時は1999年8月11日、ヨーロッパで皆既日食が見られた日、特に小生が勤務していたルーマニアのブカレスト(ちなみに現地語ではブクレシュティと言う)は絶好の観測地ということで、日本からもこの日のために100人弱の日食ハンターさんも来て大にぎわいでした。皆既日食を見るというのは初めての経験で私の一生の思い出となりました。
 その年は、石原慎太郎氏をして漢和辞典を引かないと完全には意味が通じない作品が芥川賞に値するのかと言わしめた(この言葉うろ覚えなので、同氏が言った言葉そのままではないと思いますので、ご容赦を)平野啓一郎氏が旧漢字仮名交じり文体で書いた「日蝕」が芥川賞をとったのも、何かの偶然でしょうか。
  さてブカレストの日食は午前11時ころからだんだん欠け始め数時間ありましたが、皆既日食は1時過ぎから2分少々で、最後の皆既食になる直前は、太陽の周りの光縁とその一部分の膨らみが、ちょうど金の指輪に宝石がついたような感じで、ダイアモンド・リングと呼ばれる状況になります。これはその後の皆既食状態より素晴らしいものです。皆既日食といっても、暗闇になるわけではありませんが、真夏の真昼が暗くなるというと希有な、不思議な体験でした。皆既日食そのものはそれほど珍しい現象ではなく、毎年どこかで見られるそうですが、海上であったり、アクセス困難な場所であったりしてなかなか良い観測機会に恵まれないそうです。事実2008年8月1日にはグリーンランド北部や極北地域で、2009年7月22日は屋久島で見られる由です。そして38年後の2045年8月12日にはカルガリーで見られるそうです。皆さん、長生きして皆既日食を見ましょう!

 さて、パバロッテイが日食ファンかどうかは知りませんが、同氏もブカレストにやって来て同日夜、通称チャウセスク宮殿といわれる「人民の家」の前の野外ステージでリサイタルを開き、小生も半年前から切符を買って見に行きました。例の巨大な体で、すごい迫力で、最後は「おーそれ見よ」(O sole Mio)と歌って我が太陽を賛歌して締めくくりました。パバロッティの死後取りざたされることになるポスト3大テノールはロベルト・アラーニャ(フランス人、44才)、ホセ・クーラ(アルゼンテイン人、45才)は確実といわれてますが、三番目のテノールについては諸説あるようです。なお、ロベルト・アラーニャの夫人は美人で実力・人気ともに非常に高いルーマニア人のソプラノ歌手アンジェラ・ゲオルギウです(42才)。

堀江 副武



旅へのいざない 〜天空の魔法、オーロラを観に〜                         遠藤千晶


  今回は長年の憧れ、本場のオーロラを求めてカナダの北西準州、イエローナイフを訪れました。

  「オーロラ」(Aurora)というなんともロマンチックな言葉の由来は、ラテン語の「夜明け、極光、あけぼの」、またはギリシャ神話にでてくる「あけぼのの女神」の名前です。私達日本人は、主にこの極光を「オーロラ」という言葉で表現していますが、英語圏の人との会話では、「オーロラ」というより、” Northern Lights (北極光)“ と南極で観る場合の ” Southern Lights (南極光)“いう言葉のほうが馴染み深いようです。

  アルバータ州の北に位置する北西準州(Northwest Territories)のイエローナイフは、州都となっており、人口約18,000人の行政中心の町です。北国カナダの中でも北緯62度27分という極限に近いところにあります。(ちなみに北極圏は北緯66度33分から)

  このイエローナイフは近年、世界的に最もオーロラ観測に適した場所として大変有名になってきました。ひと昔前までは、オーロラといえばアラスカ、ノルウェー、スウェーデンなどが知られていましたが、観測統計の結果から、今はイエローナイフが一番多くオーロラが観られる場所と注目されています。それは、この町が位置的にちょうどオーロラ発生に関係の深い「オーロラベルト」の真下にあるからなのです。オーロラ観測は単に極限に近づけばよいのではありません。この「オーロラベルト」と呼ばれる北磁極から1000kmほどのちょうどよい場所と晴天率の組み合わせが大切なのです。更にイエローナイフには周囲に高い山がないため、どこも視界がひらけていて、空が大きく広がっているのも特徴です。州政府の発表によると、3日間滞在した場合のオーロラ観測成功率は95%です。

  イエローナイフまでは空路と陸路でのアクセス方法があります。グレイハウンド長距離バスを利用する場合、バンフからの直通バスがありませんので、何度か乗り換えていくことになります。バスに乗っている時間だけでも約27時間かかるので、やはり空路が早くて便利でしょう。航空の便はよく、カルガリー〜イエローナイフ間はエアカナダ・ジャズ航空の直行便が毎日一便、カナディアン・ノース航空が週に5日、一日1〜2便飛んでいます。飛行時間は約2時間15分です。この他には、エドモントン空港からもカナディアン・ノース航空とファースト・エアーが毎日、各1〜3便ずつ運行しており、飛行時間は約1時間40分時間です。カルガリー・エドモントン間は、カナディアン・ノース航空の他、エアカナダやウエストジェットが頻繁に飛んでるので、組み合わせて手配することもできるでしょう。
  また、2007年12月1日(土)からは、バンクーバー〜イエローナイフの直行便も一日一便就航します。

  イエローナイフ空港から街までは車で10分という便利さ。街中にはホテルやモーテル、B&Bなどの宿泊施設が充実していますが、事前予約をお勧めします。基本的に気温が大変低く、零下40度まで下がることもあるので防寒対策は万全に。普通のスキーウェアなどではとても対応できません。オーロラ鑑賞ツアーは、街の光の届かない特別な場所まで行くことになりますが、そのオーロラ鑑賞ツアー、防寒着セット(防寒ブーツを含む)、昼間の市内観光、空港間送迎、宿泊などをパッケージで取り扱っているツアー会社がいくつかあります。
 
  この町のオーロラ鑑賞以外のアクティビティーとしては、市内観光、犬ぞり、アイスフィッシング、スノーモービルなどがあります。市内観光ツアーに参加しなくても、「プリンス・オブ・ウェールズ博物館」だけはぜひ、時間をとりたいところです。地元先住民の歴史、生活様式に関する展示や野生動物の剥製、ダイアモンド鉱石などの資料が盛りだくさんです。



〜ある日のオーロラ鑑賞体験ノートから〜
8:00pm

  街角の電光掲示盤が気温マイナス25度を示している。前日にすでに受け取ったレンタル防寒着をホテルの部屋で着用。それにしても立派なダウンジャケット。この土地に暮らすなら必需品なのだろうけどとても高そう。

8:20pm
  ホテルのロビーにお迎えのミニバスがやってきた。ガイドさんは愛想のよい日本人。お客さんは全部で8人になり、町を離れてオーロラ鑑賞特別サイトに向かう。暗がりを20分ほど走り続けてサイト駐車場に到着。バスから降りると寒さが頬を打つ。いよいよ、待望のオーロラと思うとワクワクして足取りも速くなる。

8:50pm
  まずはみな一旦、「ティーピー」という円錐テントの中に案内された。中はストーブがたかれとても暖かい。先住民の伝統的な生活様式を再現したティーピーと薪ストーブのぱちぱちという音がとても叙情的。熱いお茶をいただきながら、サイトの案内をきく。トイレはすぐ横の別棟にあり暖房付。先住民衣装をきて記念写真も撮ってくれるし、丘の上に人気のオーロラ鑑賞用「こたつ」があるという。

9:20pm
  満天の星空、それに月がやけに明るい夜。こんなに月が明るくてもオーロラは観えるのかなーと上ばかり眺めながら丘の上まで歩いていく。「オーロラこたつ」に入ってみるとあったかくて座り心地がいい。なんて気持ちよいのだろう。このまま眠ってしまうかもしれない。オリオン座がくっきり浮かぶその右手に、あれは有名な「すばる」に違いない。星がちりばめられた本物のプラネタリウム夜空は申し分なく幻想的で、せめて今宵は下界の悩みを忘れていられそう。

10:05pm
  ティーピーに戻りぼんやりしている私に、外から入ってきたもの静かでかっこよいカナダ人スタッフのウェスリーさんが何気なく言う。「そろそろ観えはじめたよ」。「えーほんとですか?」と飛び出した私の頭上に広がる緑色のオーロラ。なんと表現したらよいのだろう。言葉にならないというのはこのような時のことなのだ。前に観たバンフでのオーロラは遠く山の陰に光っていたけれど、それとは明らかに違う。ここは何もさえぎるものがないので空がとても大きい。その大空を染めるオーロラがとにかく近くに感じる。頭上に広がっているからまっすぐ手を延ばせば届きそうなくらい。刻々とめまぐるしく形を変え踊るその姿に「これは生きている」とも思えるほど。踊る姿を表現するとちょうど新体操で使うリボンを大きく空にふわふわさせて風がそれを揺らしているような感じ。かなり長い間、天空の魔法は続いた。その形を変え、色も赤みをおびたり、緑が濃くなったりといつまでも光のショーは続く。気温はマイナス30度近く、それでも寒さが不思議と気にならない。ひたすら感動、感激の連続だった。

12:50a.m.
  この一夜は夢のようで、目をつぶればいつまでもオーロラの余韻がただよう。帰路のミニバスの中は心地よい疲れと深夜の暗闇の静けさを楽しむように誰も何も話さない。とてもしーんとした豊かな気持ちになった。そろそろ、イエローナイフの街のあかりが見えてきた。

取材:遠藤千晶
資料&ツアー提供:Aurora Village









生活の知恵 〜ライム除去〜

  バンフの水道水にはカルシウム分がたくさん含まれています。そのせいで、食器の水切りカゴや、流し台の周りなどに白い石(ライムと呼ばれます)のようなものが付きます。これを放っておくと見た目も悪いですし、微生物の住みかになりますので、衛生的にもよくありません。

材料
  お酢、お湯、ブラシ

方法
(1) お酢を20cc程度、食器の水切り皿に入れ、お湯を落としたい汚れが全部漬かるように注ぐ。
(2) 30分、汚れがひどいときには1時間浸け置く。
(3) お湯を捨て、ブラシでこすると、白い付着物が取れる。
(4) 水ですすぐとにおいもなくきれいに。

YK







料理の知恵 〜近藤流地中海風パスタ〜

 
【材料】
・リングイニ(細麺パスタ、生パスタならなおGOOD)
・サンドライ・トマト ひとつまみ
・すりおろしにんにく 多め
・オリーブオイル 多め
・塩、こしょう ひとつまみ
・黒オリーブ 4つくらい、味のバランスを整えるために大切)
・フェタチーズ(なければパルメサン)
・ネギ お好みで
・野菜の千切り(ズッキーニ、にんじん、赤ピーマン等)
・イタリアン・ベーコン(普通のでも可)

【作り方】
@ フライパンにオリーブオイルを多めに敷く。注)美味しく作るコツは終始弱火で短い時間で炒めること。最初に敷いたオイルが上がってしまったらパスタに味が浸透しないため。
A 塩こしょうを一つまみ、すりおろしにんにくをたっぷり、サンドライトマトをお好みで、イタリアン・ベーコンを入れ軽く炒める。
B 千切り野菜を入れ軽くさっと炒める。
C ネギ、黒オリーブを入れる。この時に炒めすぎないこと。ちょうどこのタイミングでパスタが茹で上がるようにしておく。
D 必ず火を止めてから、茹で上がったパスタをからめ、皿に盛る。上述の通りからめる時点でかなりオイルが残ってるのがおいしいコツです。
E フェタチーズを横に添えて、できあがり!!

近藤 賢







今日は何の日 11月11日(日)リメンバランス・ディ

 カナダの多くの祝日が、○月の第二月曜日などと、流動的なのに対し、このリメンバランス・ディとカナダディは日にちが動かない祝日です。
  1918年11月11日、第一次世界大戦が終戦したことを記念し、この戦争での犠牲者を追悼します。
  この日が近くなってくると、よく赤いポピーの造花を服などにつけている人を見かけます。この赤いポピーは、第一次世界大戦の戦場であったフランダースに多く咲いていた花で、リメンバランス・ディの象徴の花です。募金をすると、その造花がもらえます。








バンフの見所Vol.6 サルファー山のゴンドラ

  バンフの町を一望できる場所、それがサルファー山のゴンドラです。8分間ゴンドラに揺られて頂上(2,281 m)に着くと、カスケード山やランドル山、向こうに見えるロッキーの山々、小さな小さなバンフの町とその中を流れるエメラルド色のボウ川が一望でき、「今カナディアン・ロッキーの真ん中にいるんだー」を実感できる景色です。
  また、ゴンドラの中は意外に高度感があって、ちょっとしたスリルも味わえます。
   頂上にはカフェテリアやおみやげ物屋さんもあり、少し歩くと歴史的建造物でもある気象観測所もあります。

住所: マウンテン通り突き当たり(アッパー・ホット・スプリングス横)

お問い合わせ: (403) 762-2523








バンフ初心者・便利帳 〜A家を探すときの注意〜

  バンフで家を借りるとき、最初に契約内容をお互いにしっかりと把握して、納得してから契約を結びましょう。あいまいにしておいて良いことはお互いになにもありません。

1.契約時の注意
★DDは上限一か月分

  DDとはダメージ・デポジットといい、日本で言うと、保証金や敷金にあたるものです。お隣ブリティッシュ・コロンビア州では、DDの上限が家賃の半月分と決められているようですが、ここアルバータ州では1ヶ月分が上限です。そうすると、最初の月(契約時)には、DD+最初の家賃で2ヶ月の家賃分のお金を支払う必要があります。

★家賃やユーティリティーに含まれているものを事前に確認
  時には家賃のみで他に何もお金を払う必要がない物件があります。しかし、多くの場合、家賃の他に月々ユーティリティーというお金を払います。ユーティリティーには水道、電気、暖房、テレビ、電話、インターネットなどがあり、各家庭によって、「ユーティリティー」と呼んでいるものが異なります。契約時には、家賃やユーティリティーに何が含まれ、何が含まれていないのか、きちんと確認しましょう。

★疑問に思うことはなんでも確認
 DDはいつ返してくれるのか? 契約を終了するには、何時までに通知する必要があるのか? 契約を途中で破棄したい場合のペナルティーはなにか? 疑問に思うことは何でも家主さんに質問しましょう。

★契約書を交わそう
 話し合ったことを書面で今一度確認しましょう。言葉上での確認では、後で「言った、言わない」の水掛け論になることもあります。

2.退去時の注意
 掃除は退去者の義務。部屋の掃除機かけはもちろんのこと、台所や浴室の掃除もきちんとしてから出ましょう。

3.RESIDENTIAL TENANCIES ACT
  貸し主と借り主のルールを決めた全ての契約の元になるのがこの法律。疑問に思ったら、この法律を参考にしましょう。Queen's Printer (www.qp.gov.ab.ca/index.cfm)に行くと、この法律の全文を見ることが出来ます。 





Let's Talk Like Canadians!!
〜英会話ワンポイントアドバイス〜

have a gut feeling = 直感
 
はっきりした根拠は無いものの、本能的に自分が正しいと感じること。 単語‘gut’は胃(stomach)のスラング。本来、胃から感情は来ないものの、gut feeling という表し方をします。

●Situation 1
Passenger:
How did you know that you should slow down? If you were driving at regular speed, we would have hit that deer.
(なぜ減速すべきだってわかったの? もし普通のスピードで走っていたら、鹿を引いていたよ。 )
Driver:
I don’t know. I just had a gut feeling that I should be ready to stop.
(よくわからないけど、すぐに止まれる様にした方がよいと直感したんだ。)

●Situation 2
Husband:
I’m sorry that I missed your mother’s call. How is she doing?
(お母さんからの電話を取れなくてごめんね。お母さんはどうしてる? )
Wife:
She says that everything is great but she sounded a little strange. I have a gut feeling that something is wrong.
(全て順調なような事を言ってたけど、ちょっと変な感じだったわ。何かがおかしい直感がするわ。)
Husband:
Let’s go and visit her this weekend. That will make you feel better.
(今週末会いに行こうよ。その方が安心でしょ。 )
Wife:
Good idea.
(そうね。)

●Situation 3
Doctor:
I think that it will be about two more weeks before you have your baby.
(子供が生まれるまであと2週間くらいでしょう。 )
Patient:
I know that you are the expert, Doctor, but I have a gut feeling that this baby will come in the next few days.
(先生が専門家なのは承知ですが、直感的に2,3日以内に子供が生まれる気がします。)
        

BY Debbie Penninga (Banff Education Centre講師)







健康サプリメント紹介 〜風邪に効果のあるコエンザイムQ10〜

  コエンザイムQ10は、3年くらい前から日本でも大ヒットしたので、知ってる方も多いと思いますが、いわずと知れたアンチエージング・サプリ(抗老化作用)です。もともと体の中で産生されているものですが、20代前半を境にその数はどんどん減少していきます。それまで活性酸素など老化を促進する悪い奴らと戦ってくれていたのに、その勇敢な戦士たちがいなくなるこの時期から、人は老化(しみ、しわ、体力低下など)が始まるわけです。
  そこで・・・このサプリの効用ですが、大きく分けて2つあります。

1、エネルギー産生作用
  人が生きる上での全ての根本となるエネルギーを作ってくれます。風邪は疲れた無防備な体に侵入してきます。これを摂取して疲れにくい体を作りましょう!
  また、最近疲れやすくなった、寝ても疲れが取れない、これからしばらくハードワークをしなければならない方などにもお奨めです。プロスポーツ選手もこれを毎日摂取しているという話は結構有名です。

2、抗酸化作用(抗老化作用)
  酸化とは錆びること。体が錆びてしまったら体質的に風邪だけでなく、どんな病気に対しても弱くなってしまいますよね。今のうちから飲んでいつまでも若く、元気に溌剌と日々を送りましょう! 
  また女性の大敵、お肌の老化もこれで防ぎましょう。お奨めはQ10を内側(錠剤、カプセル剤)と外側(直接塗るクリーム、液剤)の両方から取ることです。


〜よくある質問〜
Q1、いつ飲めばいいのでしょうか?

A 基本的には商品により異なるのですが、大きく分けてその商品が油性なのか水性なのかで分かれます。油性の場合は食後に服用すると吸収が良くなります。水性の場合はいつでもOKです。購入時に薬剤師さんに聞いてみてください。 

Q2、どのくらい飲み続ければ良いですか?
A、個人差によるのではっきりとは申し上げられませんが、1〜3ヶ月を目安に飲んでみると効果が実感できるというデータが出ています。
 
Q3、お奨めの商品は?
A、正直カナダのものでお奨めできる程熟知している商品がないのでわかりません。店頭の薬剤師さんに聞いてください。
 

薬剤師 近藤 賢




カナダらしい食べ物

  旅行したり、しばらく住んでみみたりすると分かるのですが、カナダってご当地の食べ物がない気がします。スーパーで買い物をしていても特に変わった物もないですし、レストランでのメニューにも、ステーキかバーガーかサンドイッチかとあまり代わり映えがありません。
  それでも、よーくよーく探してみると「カナダらしい食べ物」ってのも存在するのです。


クラフト・ディナー
  KDと略すこともあります。ゆでて、味付け様の粉末をからめるだけで食べられるマカロニ&チーズの商品名で、名前の通りクラフト社の商品です。が、類似品はたくさんのメーカーから出ています。日本で言うと、インスタントラーメンのような存在で、若者にとって、手軽に安く食べられる物の代表です。
  そのまま食べても大丈夫なように味は付いているのですが、カナダ人は良くケチャップをかけて食べます。ツナ缶を入れても実は美味しいです。


クラマト
  ぱっと見はトマトジュース、味もコクのあるトマトジュースという感じです。クラマトというのはクラム(貝)とトマトの造語。そのまま飲んでも美味しいですが、ウォッカと混ぜて、セロリスティックを挿すと、シーザーというカナダらしいカクテルになります。


ナナイモ・バー
  チョコレート、カスタードクリーム、クッキー・クラムがサンドイッチ状になっている、世にも恐ろしい(甘い)お菓子です。日本人の舌にはかなり甘すぎるのですが、慣れてくると、たまに食べたくなります。


コーヒー・クリスプ
  数あるチョコレートバーの中でも、カナダ発祥といえば、コーヒークリスプ。ウエハースの間にコーヒークリームが挟んであって、チョコレートでコーティングしてあるお菓子です。去年まではカナダ以外ではほとんど売っていなかったようです。ネスレ・カナダ販売。


シュレディーズ
  全粒粉でできたシリアルの一種で、正方形で表面が網目状になっているのが特徴です。カナダの他にもイギリスやニュージーランド、アイルランドなどにはあるようですが、お隣アメリカ合衆国では一般的ではないようです。


ビーバー・テイル
  揚げパンに粉砂糖やシナモンをかけたお菓子/スナック。お祭りやイベントの出店で売っていることが多いようです。見た目が、ビーバーの尻尾のようなことからこの名前が付いたといいます。
  
メープル・シロップ
  カナダといえば、メープルシロップ。全世界の80%がカナダ産で、カナダの中でもケベック州だけで世界の75%を生産しているそうです。使い方は、パンケーキやフレンチトーストにかける他、こちらの人はソーセージやベーコンにもかけます(意外と美味しいです)。

プーティン
  フライド・ポテトにグレービー・ソース、チーズを上からかけたもの。一応、ケベックのご当地料理だそう。
 
 

ナオミ






 旅行記 ・ ワーキングホリデー日記

 Best Days of My Life 〜英語に悩まされたバンフまでの旅〜 (200312月上旬号)

精神的ワーホリ体験記 (20038月上旬号) 


 バンフ生活

 新しさよりも、おしゃれな買物 〜カルガリー〜 (2004年5月上旬号)

2002年の冬  (2002年新年号)

Corporate Citizen 〜企業人として〜 (2002年8月上旬号)

  

 Toshiの人生いろいろ日誌

 

起死回生!! イースター〔復活祭〕記念 (2006年4月上旬号)

絶体絶命 (2006年3月下旬号)

究極の人命救助 Chiristmass (2005年12月下旬号)

お国柄いろいろ (2005年12月上旬号)

「韓流」と現実のはざまで (2005年9月上旬号)

 

 

 

 田中幹也

 

情報なんてきっかけに過ぎない 2006年6月下旬号)

将来どうするの? 2006年5月上旬号)

究極の安宿 2006年3月下旬号)

雪原の記憶 2006年3月上旬号)

理想は永遠に近付かない 2006年2月上旬号)

 

 

●旅へのいざない

  イギリスのある村での体験 (2005年11月合併号)

   フィリピン・エルニド 〜人々の笑顔がやさしい場所〜 (2004年2月上旬号)

  ベニスの春 (2003年5月下旬号)

  寄り道 〜ローマでの出来事〜 (2004年1月合併号)

   My Way 〜オーストラリアの名もない町で〜 (200312月上旬号)

  スペイン・ポルトガル、バス旅行のススメ (200411月合併号)

  スペイン (2003月下旬号)

  イタリア (2003月下旬号)

  神秘の国トルコへ (2003月新年号)