ビザ

  

ワークビザの仕組み 2003年12月上旬号掲載、2007年12月12日更新

  

  ワークビザとは、カナダ政府が発行する就労許可証(Employment Authorization)のことで、カナダ国内で外国人が働くことを認める証書です。このビザは、どこでも働けるワーキングホリデー・ビザと異なり、特定の会社と職種に限定されています。 

  ワークビザ取得の手続きには2段階あります。

@ 雇用主が政府の労働局に申請します。雇用主が外国人であるあなたを雇う必要がある理由、カナダ人で代用できない理由、あなたの特別な技術や経験などの詳細を提出します。この雇用主の申請を政府労働局が認めると、確認証書
(Validation Letter)もしくはPositive LMO (Labour Market Opinion)が雇用主に発行されます。

A 雇用主が政府からの確認証書を入手したら、次は本人がカナダ移民局へワークビザの申請をします。申請費用は$150。申請用紙は、カルガリーの移民局で直接手に入れるか、電話またはインターネット上で移民局から取り寄せることができます。申請書類は、カナダ国内と国外での申請の場合に異なります。(国内と国外どちらに申請するのかは、現在のあなたのステータスにも寄りますので、移民局のウェブサイトや申請ガイドをよく読んで判断してください。)
 

 ビザ取得までの日数ですが、最近非常に時間がかかります。上記@の確認証書を得るのには1〜6ヶ月、Aのビザ発給手続きには早くても1ヶ月はかかるようです。十分余裕を持って準備を始めてください。現在どれだけ時間がかかっているかは、移民局のプロセス・タイムのページが目安になります。


 政府労働局の外国人雇用認定の規定は、会社の規模や職種などにより異なりますし、期限や人数枠に関してもまちまちです。また、ワークビザの取得には時間も労力もかかりますので、会社に本当に求められている人のみ、申請が可能です。事前に、将来についての自分の方向性をよく考えておくことが必要です。

 





ワークビザのスポンサー会社の変更 (2001年12月下旬号掲載、2007年12月12日更新)


  私は現在、就労許可証を持って働いていますが、会社を他のところに変わりたいと思っています。このビザのままで違う会社で働いてもよいのでしょうか?  


  いいえ、それはできません。
  就労ビザ取得の第一段階で、労働局がまず承認書を出しますが、その時に労働局はそのスポンサーの会社あてに職種などを指定します。そして第二段階の移民局でも実際のビザを発行する時、会社名、勤務地、職種を指定して発行します。あなたの持っている就労許可証の左側にその詳細が書かれているはずです。(ワークビザの仕組み参照)

  所属会社を変える時は、一番初めに就労ビザを取得した時の手順を繰り返さなければなりません。
  スポンサーになってくれる雇用主が労働局に承認書を求め、その書類とともに自分が移民局にまた新しい就労許可証を申請することになります。申請料の150ドルも再度必要になります。もちろん、他の滞在手続申請と同様、必ずビザ有効期限内に申請書を発送していなくてはなりません。




ビジターからワークへの切り換えはどこで? (2002年2月上旬号掲載)


質問:現在観光ビザを所有しています。ワークビザを申請することになったのですが、どこの移民局で手続きすることになるのでしょうか?


回答:観光ビザで滞在している人は、ワークビザの申請手続きをカナダ国内ですることはできません。在日カナダ大使館で手続きをすることが一般的ですが、アメリカ、シアトルのカナダ領事館でも可能です。いずれにしても、雇用主が労働局に許可を申請する際、手続きする移民局の場所を指定しなければなりません。





ビザ無し入国、いつまで滞在可能? (2002年2月上旬号掲載、2007年12月12日更新)


質問:1ヶ月前にカナダに入国しました。目的は観光やスキーだったので、入国前には特別なビザは取って来ませんでした。入国の空港で移民官には何も指示を受けなかったし、パスポートにも何も表示がないのですが、私はカナダにいつまで滞在を許可されているのでしょうか?


回答: 通常、日本のパスポートを所持していて観光目的であれば、最長で入国から6ヶ月の滞在が許されています。カナダの入国スタンプの下に期限が書かれている場合もあるのでよく調べてみて下さい。




申請したビザがまだ届かない。不法滞在では?


質問:私は1月22日までのワーキングホリデービザを持っていて、ワークビザの申請書類を1月19日に郵便局から送りました。一ヵ月以上も経つのに、まだワークビザが手元に届きません。このような場合、カナダにいることは不法滞在ではないのでしょうか?


回答:上の方ように、前のビザの有効期限内に次のビザを申請していれば、不法滞在ではありません。基本的にビザ申請中の待ち時間は、カナダ滞在を許可されています。

  


ビザ審査状況を調べる


1.現在のプロセス・タイムを知る
  1ヶ月も前にビザを申請したのに、まだ手元に新しいビザが届かない!そんな時には、移民局のプロセス・タイムのページを見てみましょう。現在手続きにどれだけ時間がかかっているのかを知ることが出来ます。時期や、申請するビザの種類によって異なります。
  また、新しいビザを申請する際には、このページを予め見て、余裕を持ってビザの申請を行いましょう。


2.自分のビザの審査状況を確認する
 自分のビザ申請書類が受理されているかどうか、電話で移民局に問い合わせることができます。心配な方は次の方法で調べて見てください。ただし、事務官の手元に書類が渡るまでは、記録も出てきませんので、送付後すぐは状況を調べるのは難しいでしょう。


<移民局への問合せ方法>
  移民局のフリーダイアル1-888-242-2100にかけます。全て自動電話システムで、実際のオペレーターと話さなくても調べることができます。以下が、実際に電話した際の手順、アナウンスです。(2004年当時のものですので、実際には手順がすこし変わっています。)


(1)Welcome to Citizenship and Immigration Canada tele-message service.(フランス語のアナウンス)Press 1 for service in English.
1を押し、英語を選ぶ


We are currently experiencing higher than normal call volume ....(アナウンス続く)



(2)For information on citizenship, press 1. For information on immigration, press 2.
2を押して、移民局を選ぶ


Please be ready with a pencil and paper to write down any important information.



(3)For status of application and processing time, press 1. To order an application kit, press 2. To work out your fees, press 3. For general information, press 4.
1を押し、「申請状況の確認」を選ぶ


To facilitate case status and inquires, we have launched a new service on our website called E-Client application status which ....(アナウンス続く)



(4)The client ID number is 8 digits and can be found .... (アナウンス続く)
クライアントIDナンバーを押す。クライアントIDナンバーはビザに明記してある8桁の数字です。


(5)The number you enter is OOOO−OOOO. If this is correct, press 1.
入力した番号の確認。正しければ1を押す



(6)Please enter 4 digits of your year of birth or the year of birth of the person you are sponsoring.
生年月日の西暦4桁を押す。



(7)The number you enter is OOOO. If this is correct, press 1.
入力した番号の確認。正しければ1を押す。



(8)To obtain information on your application for working, press 1. For studying, press 2. For visiting, press 3.
ワークビザ申請は1、学生ビザ申請は 2、観光ビザ申請は 3を押す。



(9)この後、コンピューターで検索されその結果が流れます。申請書が移民局に届いた日、処理された日、その結果などの情報のアナウンスがあります。もしもこの時点でまだ書類審査にいきついていない場合は、自動的に係員につながれるようになっています。



※以前は移民局のWEBサイトで同じように申請状況を調べることができましたが、現在では出来ません。

  




ビザにある"THIS DOES NOT AUTHORIZE RE-ENTRY"とはどういう意味ですか?


質問:私のビザには“THIS DOES NOT AUTHORIZE RE-ENTRY”と書いてあります。一度国外にでると、再入国は出来ないのでしょうか?

回答:これは、このビザだけでは国境を越えてカナダに入ってくることは出来ないという意味です。当然のことですが、ビザのほかに有効なパスポートが必要です。この件に関しては、カナダ大使館のウェブサイトをご覧下さい。




ビザを失くした!


  ビザを失くしたときには、再発行を申請します。

(1)移民局のウェブサイトから、手引書であるApplication for a certified true copy, correction or replacement of an immigration documentと申請フォームIMM5009、IMM5541、IMM5542(クレジットカードによる申請料支払い書)をダウンロード


(2)手引きを見ながら、申請フォームを記入。
 ※再発行のビザは郵便で送られてくるので、住所の欄には、メイリング・アドレス(バンフ在住の場合P.O. Box)を書くこと。


(3)必要書類(パスポートの顔写真のページのコピー、入国した時のスタンプのページのコピー。パスポートも失くしている場合には手引きを参照)をそろえ、申請用紙と共にカルガリーのCICへ郵送(住んでいる地域によって担当の事務所が違う。手引き書参照のこと)。
 ※郵送でのみ受付可能。直接持っていっても拒否される。

(4)郵送で再発行のビザが送られてくる。




ビザを切り替えるタイミング


 ビザの有効期限は、厳守されなければなりません。
 ビザには、「
Must Leave Canada By (日付)」と記されており、何もせずに期限以降もカナダに滞在すると、不法滞在者となります。有効期限までに出国しない場合は、現在のビザが切れる前に他のビザ(観光、学生、ワーク)の申請手続きを取ってください。

 基本的に移民局は、現在のビザが切れる1ヶ月前には申請をするように薦めていますが、カナダ国内に郵便で申請をする場合には、申請書類を郵便局で送る際に押される消印の日付がビザの切れる日の平日の前日以前ならばよしとしているようです。ただし、ビザの有効期限が日曜日の場合は、前日の土曜日でなく金曜日の消印をもらうようにしてください。
  

  ビザの有効期限ぎりぎりに変更手続きの書類を送付した場合、手続きの結果が出るまではビザを所持していないことになります。この期間は申請手続きの待ち時間として扱われるので不法滞在にはなりません。



パスポートについたままの緑の紙(米入国用)

 

米入国用の緑の紙はどうするの?
 長年に渡り、何回も米国経由で旅したり米国に入国する度に抱いていた疑問があります。正式には「Form I-94W」と呼ばれる緑色の査証免除(Visa Waiver)書類の半券をどうすべきかということです。これは米入国時にパスポートにホチキスで留められ、通常、有効期限は入国から3ヶ月間になっています。米国出国時には、その書類に関しての審査がなにもないまま米国を去るので、その緑の紙がいつまでも自分のパスポートについているのが不思議でした。

 先日、その状態で米国へあらたに入国しようとした時、入国審査官より大変な叱責を受けました。
 要は、この緑の半券は米国に滞在中に必要なもので、米国出国とともに返却しなければならないとのこと。そうしなければ書類上、出国した記録が残らず、いつまでも不法滞在者として米国の移民局に記録されるので、次回の入国を拒否されることになるということです。
 「でも、どこにも出国審査がなく、付けられた半券を回収してくれる場所はありませんでした」と言い訳すると、「飛行機に乗る寸前、各航空会社の搭乗ゲートカウンターに自ら提出するべき」との回答。

出国前に搭乗カウンターで返却を 
  確かにこの半券の裏の注意書きを読むとそのように明記されていました。乗り換え目的のみでの入国でも、我々日本人はこの緑色のビザウエイバー書類を入国時に記入し、半券を次の出国のための飛行機に乗る時に航空会社の搭乗カウンターへ返却しなければなりません。もう一度結論をまとめると、緑色の半券は米国に滞在中のみパスポートについているべきで、米国出国とともに返却されなければなりません。あいまいだった昔と異なり、特に「9・11」事件からこのことが非常に厳しくなっており、今回の私の場合はなんとか入国させてもらいましたが、この緑の半券がパスポートに残っていたという理由で入国を拒否されたというケースも報告されています(2件)。

返却を忘れたら郵送を
  思わず返却を忘れて出国してしまった場合は、問題の緑色の半券と、期限内に米国を出国したという証拠をつけて郵送して下さい。郵送先や返却方法は、下記リンクをご参照下さい。
  米国大使館や領事館、カナダ政府などには提出しないよう厳重に忠告されています。

参考:在日米国大使館 I-94出入国記録カードについて



アメリカに行く前にパスポートの確認を!

 

  2005年6月26日(日)以降、非機械読取り式パスポート(2006年3月19日までに申請された旅券は非機械読み取り式の可能性があります)の保持者は、アメリカ合衆国に入国する際、事前に査証を取得することが義務付けられました。例外を認めず、非機械読取り式パスポート保持者を無査証で米国に来させた航空(船舶)会社に対してUS$3,300の罰金を科すなどの処置がとられる厳しいものです。
  飛行機の乗り換えだけのための入国でも、非機械読取り式パスポート保持者は査証が必要になりますのでご注意下さい。なお、米国入国査証の申請方法は下記のリンクを参考にしてください。

参考: 在カルガリー日本国総領事館 米国へ渡航(入国及び通過)予定の方はパスポート(旅券)の確認を!